iPhone5 バッテリー修理

iPhoneの電池の減りが早いのでソロソロ交換してもらおう!

で、Apple Store に行けば何とかなると思っていたけど、念のためにネットで調べると無条件には交換してくれないという書き込みが多い。Apple Careに入っていてもだ。

さらにネットで調べるとパソコンとiPhoneを使って診断が出来る事が分かった。

パソコンでiPhoneの故障診断のページを見つけ、iPhone のメールアドレスを入力するとApple からiOS診断が届く。
届いたメールの診断ボタンを押し、しばらくするとパソコンに診断結果が…

「バッテリーの修理が必要です」

この結果が出るとApple Care の無償修理の対象になるようだ。

パソコンの画面を進めると、修理方法の選択になる。送付だったり、持ち込みだったり幾つか選択がある中で持ち込みを選択。

地図と店舗名が表示され、持ち込む店舗を選ぶのだが、Apple Store 以外にも結構店舗がある。
会社に近い東京駅や秋葉原駅の周辺にもある。
今回はApple Store 銀座を選択。

画面は訪問予約になるが、ほとんど空きが無いようで一日しか表示されない。
恐らく一週間分表示されていると思うが、空きが無ければ日付すら表示されない。
空いている時間だけ表示されているので行けそうな時間を選択すれば予約完了の画面に変わり、メールが届く。

予約は一週間後だ。

Apple Store は予約制だが、他店舗は予約が不要で直接店舗に行くことになる。
先の店舗選択でApple Store 以外を選択すれば予約画面にはならず、手続きが終了になる。


おしまい…

引退

日大高 硬式野球部 三年生の引退式が明日の午後行われます。

あっという間の2年半でした…


秋季神奈川県大会 準優勝

春季神奈川県大会 ベスト8

選手権神奈川大会 三回戦


最後の夏は、予定より早く終わってしまいましたが、誇れる結果だと思っています。


明日は1pm頃から三年生vs一、二年生戦を一試合行い、セレモニーをしてグラウンドから離れることになります。

で、私はその試合で球審をやらせてもらう予定です。

一昨年から普段お手伝いしていないお詫びとして、審判をさせてもらい。最後の年は上級生の親らしくゆっくりと観戦させてもらうつもりでしたが、いちばん近い場所に陣取る事にします(^_^)v


おしまい…

なかなかやりよる早稲田塾

息子の高校が敗れてしまったのは先回書いたとおり。
選手同様、父母もダメージが大きい。
(いや、選手以上かも)

引退した息子達三年生部員11名(1名風邪で不参加)で一昨日は湘南の海で一日過ごし、日本テレビの枡アナウンサーにも会って楽しかった様だ。

息子に「受験生だろ!」と言っても効果無し。

彼らが海に行く前日には、部室の掃除をして、二年生に引継ぎ、監督(先生)と全ての三年生部員が個別面談を行い、進路について話をした(毎年恒例)。

私も面談で話を聞いたが、日大高から日大へ進学するのは比較的ハードルが低いと感じた。
B推薦、日統一、A推薦、一般などなど
何度もチャンスがある。
高3の一学期まで真面目にテストに挑んでいれば、問題無く進学出来そうだ。

しかし、息子は相当怠けていたので簡単ではない。余程運が良くないと、一回目のB推薦では決まらないだろう。
って程度の成績しかない。

親にとっては野球の敗戦に続いての
「ショック」
「受験生だろ!」と言ってコツコツ勉強する様なら、今の様な成績じゃないよな。


そんな時に一本の電話

タイトルの早稲田塾から、
「残念でしたね。負けてしまいましたね。」って感じで始まって、
「日統一対策をしますので、是非来てください。」
「去年は合格率100%でした。」

我が家のダメ息子を監視していた様なタイミングの話は、電話を受けた妻へのタイムリーヒット、大いに乗り気だ。
この勢いだと息子は近々早稲田塾に送られてしまいそうだ。
「朝から晩まで、一日中」
と言う言葉は、家に居られると
「うっとおしい」
と感じていた妻への追加点。

ちなみに早稲田塾とは縁が無かった訳では無く、冬に一度門を叩いたが、部活で全く行けなかったのですぐに辞めていた。
わかりにくい授業料のシステム(早稲田塾に限らず、他も分かりづらい)と高い授業料も辞めた理由だが…

早稲田塾の凄いところは、息子の敗戦をジッと待って、このタイミングでアプローチして来た事だ。
担当者が記録していたのか、システムで行なっているのかわからないが、実に上手い営業だ。


おしまい…

2年半の練習を左右するジャッジ

今日は本当なら会社を休んで平塚球場に向かっていたはずですが、通勤列車に乗っています。


土曜日に行われた神奈川県大会三回戦。
息子たちの日大ーY校(横浜商)の応援に保土ヶ谷球場に行って来ました。

結果は2-0で敗退

接戦になることは予想していたのですが、
秋季大会 準優勝
春季大会 ベスト8
と結果が出ていたので先制点は取られたものの期待していました。
「勝ってくれるだろう」
と…

しかし8回に記録はエラーではありませんでしたが、いつも好守で救ってくれる選手がいつもなら捕っていただろうという打球を二つ処理しそこない、追加点を与えてしまいました。

さらに…
9回裏にノーアウト1、2塁のチャンスを迎え、打者が送りバント。
ランナーを2、3塁に進め、打者走者も1塁で微妙なタイミング。
一塁側スタンドからはセーフに見えたのですが…

昨日やっとビデオを見る気になり、真っ先にその場面を再生しましたが、何度見ても、"十分に"
「セーフ」

一塁審判が冷静さを欠いていたのか? 技量が足りないのか?
よくわかりませんが、残念なジャッジ。

一死ニ、三塁となり次打者が外角低めを空振り三振。
焦って飛び出した三塁ランナーも刺されて試合終了。

最後の場面は
「ゴロGo!」
のサインだったようです。
内野守備があまり前に来ていなかったので、焦ってスタートする必要は無いと三塁コーチの息子が何度も声をかけていたようですが…

しかし一塁がセーフだったらなぁ~
打球を処理したのがピッチャーだっただけに、雰囲気も違ったはずです。

高校野球の審判講習会では
「ひとつのジャッジで2年半、一生懸命練習してきた選手たちの結果を左右する」
と言われています。
この試合の一塁審判、試合前半では二塁進塁を試みた打者走者にぶつかる場面もありました。


高校野球の審判を目指すものとして、その重要性をまさか息子の試合で思い知らされるとは…


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

初戦

第96回選手権神奈川大会が始まりました。

昨日行われた日大高の初戦は
日大3x-1秦野
で勝利しました。


初戦はやはり難しいのでしょうか?
攻守それぞれ思った様に動けていないまずい内容でした。

次戦からは強豪と対戦が続きます。
三回戦はOP戦で勝った事がないY校です。
厳しい試合が予想されますが、勝利を引き寄せてもらいたいです。


おしまい…

日本大学高校 ベンチ入りメンバー

【日大高・ベンチ入り】
1 中村雅治②(横浜東金沢シニア)
2 大貫快人②
3 藤枝直孝③(日大中)
4 佐野秀伍③(横浜東金沢シニア)
5 川口諒太②(中本牧シニア)
6 越智匠晟③(日大中)
7 竹村凌太③(東練馬シニア)
8 池谷彰平③(横浜泉シニア)
9 山梨賢③(日大中)
10 則竹良太②(日大中)
11 山村和秀②(日大中)
12 田岡勇希③(日大中)
13 友松貴一③
14 米原優太③(横浜東金沢シニア)
15 中村滉大③(日大中)
16 上棚真行③(墨田シニア)
17 平野大地②
18 須藤颯②
19 平野聖也③
20 土橋勇太②
記録 森将哉②

取り急ぎ神奈川新聞に載っていたので掲載します。
後ほど修正します。


おしまい…

楽しみなOP戦

今週末、特に日曜日は天気が心配です。

日大高グラウンドでは春季関東大会で優勝した山梨学院大附、熊本城北を招いてOP戦が予定されている様です。

楽しみな試合なので、天気には我慢してもらいたい。


おしまい…

日本大学高校 吹奏楽部 定期演奏会

日本大学高校 吹奏楽部の定期演奏会、今年は会場が蒲田に移って開催されました。
昨年までの会場よりステージも客席も小さくなりましたが、その分空席もほとんどなく、満員状態でした。

ステージは例年通りの三部構成。
今年はマーチングで全国大会に出場したとのこと、その迫力は例年以上だったのではないでしょうか?
詳しい事はわかりませんが、例年とは少し違う演出がされていた様に思います。

熱い演奏をジックリ聴かせてくれました。


来月から選手権大会の予選が始まりますが、今年も吹奏楽部に応援してもらえるのが楽しみです。
スタンドでも新しい事にチャレンジして素晴らしい演奏を披露してもらいたいものです。


おしまい…

6月は審判休みます

久しくブログを更新していないと、思わぬ方から
「最近更新していませんね」
と声をかけていただくことがある。
最近は手軽なTwitterやFacebookで済ます事が多くなってしまった。

タイトルですが、息子が高3でいよいよ高校野球もラストスパート
あまり野球に興味がなかった妻にもOP戦に連れて行けと言われ、6月は予定を2日しかOKで回答しなかった事と先週の怪我で、結局6月は予定無しになりました。


怪我ですが、先週はすご~く腫れていました。
亀でも手に乗せている感じでした。
まだ腫れと痛みがありますが、先週は仕事が忙しく病院には行けませんでした。
今週こそ病院に行って来ます。


それにしても横浜創学館は春季大会でなぜ東海大相模に負けたのでしょう?
春季関東大会で東海大相模に圧勝した東海大浦安に横浜創学館は圧勝!
中継ぎは多少打たれましたが、先発 福田、クローザー 海老塚はほとんどヒットを許さず…

相性でしょうかね⁇

左腕 福田は益々ストレートのキレが良くなり、凄みのあるボールです。
右腕 海老塚も力のあるボールで、ねじ伏せていました。

まぁ怪我をしていなければ、もっと冷静に分析できたでしょうが、あいにく途中から痛みで必死だったので…

最後の決戦まであとわずかです。


おしまい…

高校野球どこまでデータ分析するか?

春季神奈川県大会 準々決勝の
向上 6-1 日大
を観戦しましたが、向上の走者は日大投手陣のクセを盗んでいたように見受けられました。
(打つ方もですが)

先週の日大-相洋 四回戦には向上の偵察がバックネット裏だけでなく一塁側応援席からもビデオカメラを構えていたのできっと一週間の間に分析したのではないかと推測します。
東海大相模も早くから偵察が来ていました。

考え方はいろいろありますが、個人的にはやり過ぎは好みません。学生を含めたコーチ陣に分析させる学校もあるようですが、彼らは指導方法を学ぶ為にグラウンドに来ていると思うので少々気の毒にも思います。

ビデオの分析も選手達ができる範囲で行えば良いと思うのですが…


バックネット裏にスコアラーとビデオ係の2名が偵察に来る姿は神奈川県の高校野球ではごく普通の事ですが、それらのデータをどこまで解析するかは各校の方針によるところ。
でも、やり過ぎは野球を退屈にさせると思います。

高価なスピードガンを用意している学校もありますが、そんなのいらないでしょ。と思って見ています。
観戦している時は面白おかしく球速を聞いて楽しんだりしますが…


グラウンドでクセを見つけて対処する(← これは簡単にマネが出来ない技術と思います)ならともかく、ハイテク機器に頼った分析はエスカレートするとプロ野球OBのアマ資格保有者に分析を依頼するようになってしまうかもしれません。


まぁ何事も良識を持って"ほどほど"にしておかないと、様々な制限が付いてくるのが世の流れですから…

"ほどほど" が大事ですョ。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県で高校野球に挑戦中、その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
Amazon商品【新着順】
おすすめの野球誌
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード