FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017 センバツ

神奈川の高校野球ファンにとってはセンバツ出場校発表が寂しいニュースとなってしまった昨日(1/27)。

およそ190校もの参加校がある県から出場させないというのはファンをかなり無視した運営だと感じている。出場校を32校に限定するならば参加校が100なのか150校で1校は枠を確保するべきだ。

参加校が多い地域は夏の予選から秋季大会が始まるまでの僅かな期間でチームを作らなければならない難しさがある。大会までにチームをつくるというより、大会で試合をしながらつくっている状況でこれは非常に難しいと思う。

日程的には優しいが、関東大会に出場するには夏の予選よりも多くの試合を戦う必要もありかなり大変な事だ。

参加校が50校にも満たない県だと良い投手さえいれば勝ち抜けるチャンスはあるが神奈川だとそうもいかない。

野球人口の減少も問題になっているが、神奈川で野球をやっても甲子園に出られるチャンスが少ないとなると子供達の興味も薄くなる。

運営側ももう少し知恵を出さないと手遅れになるのではないか?


おしまい…
スポンサーサイト

息子の大学野球

ブログを使うのが本当に少なくなってしまった。
簡単に投稿出来るFacebookが書き込みの中心ですね。

今日は大学野球について少し。

息子の日本大学生物資源科学部(だっけ?)は東京新大学連盟の2部。

この野球部にはまず監督、コーチがいない。
大した練習もしない。
年2回の合宿もマシンがあれば良い方で、ここでも大した練習はしていない様子。
試合を見ても勝手気ままな選手達で、真面目な草野球チームの方がチームプレーが出来ている状況。

春季リーグも開幕から連敗が続き、いよいよ入替戦かと思っていると、中盤から勝ち星を重ね、最終的には4位で終了。たまたま勝てた試合が多いように思う。

息子にはうっとうしがられるが、ボランティアで引き受けてくれる監督を探し、神奈川連盟へ移籍せよと何度もケツを叩いている。

東京と名が付いているが、リーグ戦の殆どは埼玉郊外のグラウンドで行われる。
昔はきっと都内のグラウンドで試合が出来たと思うが、各大学がどんどん移転して東京都や神奈川県にグラウンドを持つ大学はわずかしかない。
チームバスもないので学校がある藤沢から自家用車を使って高速で2時間以上もかけて試合に行くか、電車を乗り継いで長旅をする無駄と交通事故の危険は避けるべきと親としては思う。

そろそろ考えてくれるとは思うが、どんくさいやつだからなぁ。


おしまい…

東都2、3部入れ替え戦

東都大学2、3部の入れ替え戦が二日間 神宮球場で行われました。

国士舘(2部)-学習院(3部)
結果は国士舘の連勝で入れ替え無し。

学習院には息子と逗子リトルー東金沢シニアでチームメイトの林君(桐光学園)がベンチ入り。
第一戦はスタメンではなかったものの、代打で出場してレフト前ヒット!
(残念ながらネットで観戦)
第二戦はDHでスタメン出場だった模様。


対する国士舘では多田君(瀬谷リトルー瀬谷シニアー花咲徳栄)がDHで出場。
第一戦はライト前タイムリー、三塁打と活躍!



おしまい…

日大高マジック!

下書きしたまま一ヶ月も放ったらかしにしていたブログに気がついた。 少し加筆してアップしよう。

日大高 秋季県大会 ベスト4!

立派な成績だけど残念でもある。
あと1勝で甲子園への道も切れる事がなかったのだから。繋げて、つなげて甲子園に行ってもらいたかったのだが…

今大会の中心選手は高2。 ちょうど一昨年の奇跡の準優勝を見て、

「部員の少ない日大高なら試合に出られるかもしれないし、意外と強いじゃねぇーか」

と思って入学したものの、40人近くも新入部員がいてビックリした選手たち。


準優勝した時の部員は二学年で30名弱しかおらず、当時の高2は半分が日大中に中学受験して入学していた生徒だったから、強豪校ではあまり見られない選手構成。
桐光学園ほ恐らく部員は一学年12~13名で中学から上がってくる部員は2名程度。特待と推薦で10名ほどだから野球のエリート達だ。

人数が当時の倍以上もいる今の選手たちも誘われて入学した選手はわずかしかいない。しかも特待制度がないので学費を一部でも免除してもらいたければ学業で学年トップ3に入る必要があるが、さすがに野球部では聞いたことがない。
推薦入試で入学がいちばんの好待遇。 それでも中学校で評定3以上が絶対条件。

こんな日大高は今年も現役で東大に合格する生徒がいたりした。

県内では偏差値上位に位置しているし、生徒たちの制服の着方も乱れがない良い学校だと思う。
(一部生徒は厳しいと感じている様だが)

そんな日大高を一度は甲子園に出場させてやって欲しい。

きっと選手もスタンドも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるはずだから…


おしまい…

神奈川県秋季大会終了

決勝戦は横浜ー桐光学園で評判通り、横浜が優勝。この二校には是非甲子園に行ってもらいたいですね。
前にも書いたと思いますが、センバツで関東の選考を難しくしている最大の原因である東京都。
東京都だけが関東大会に出場せず同じ土俵で競わないものだからいつも最後の一校が釈然としない。
春季大会は東京都も参加するのだから、難しいはずではないはず。よほど東京都高野連に力があるのだろうか?
過去の慣習か何か知らないが、シンプルじゃないよね。

ヤキモキする前に行っておくよ。


おしまい…
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。