FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなかやりよる早稲田塾

息子の高校が敗れてしまったのは先回書いたとおり。
選手同様、父母もダメージが大きい。
(いや、選手以上かも)

引退した息子達三年生部員11名(1名風邪で不参加)で一昨日は湘南の海で一日過ごし、日本テレビの枡アナウンサーにも会って楽しかった様だ。

息子に「受験生だろ!」と言っても効果無し。

彼らが海に行く前日には、部室の掃除をして、二年生に引継ぎ、監督(先生)と全ての三年生部員が個別面談を行い、進路について話をした(毎年恒例)。

私も面談で話を聞いたが、日大高から日大へ進学するのは比較的ハードルが低いと感じた。
B推薦、日統一、A推薦、一般などなど
何度もチャンスがある。
高3の一学期まで真面目にテストに挑んでいれば、問題無く進学出来そうだ。

しかし、息子は相当怠けていたので簡単ではない。余程運が良くないと、一回目のB推薦では決まらないだろう。
って程度の成績しかない。

親にとっては野球の敗戦に続いての
「ショック」
「受験生だろ!」と言ってコツコツ勉強する様なら、今の様な成績じゃないよな。


そんな時に一本の電話

タイトルの早稲田塾から、
「残念でしたね。負けてしまいましたね。」って感じで始まって、
「日統一対策をしますので、是非来てください。」
「去年は合格率100%でした。」

我が家のダメ息子を監視していた様なタイミングの話は、電話を受けた妻へのタイムリーヒット、大いに乗り気だ。
この勢いだと息子は近々早稲田塾に送られてしまいそうだ。
「朝から晩まで、一日中」
と言う言葉は、家に居られると
「うっとおしい」
と感じていた妻への追加点。

ちなみに早稲田塾とは縁が無かった訳では無く、冬に一度門を叩いたが、部活で全く行けなかったのですぐに辞めていた。
わかりにくい授業料のシステム(早稲田塾に限らず、他も分かりづらい)と高い授業料も辞めた理由だが…

早稲田塾の凄いところは、息子の敗戦をジッと待って、このタイミングでアプローチして来た事だ。
担当者が記録していたのか、システムで行なっているのかわからないが、実に上手い営業だ。


おしまい…
スポンサーサイト

春から高校球児を目指す中3生へ

首都圏もちょっと前まで大雪や寒い日が続きとても野球をする雰囲気ではなかったのですが、ようやく春を感じられる日になってきました。

野球を続ける中3生は卒業を前に羽を伸ばし、まもなく始まる高校野球に夢ふくらませていることでしょう。

で、まだ新入生に集合がかかっていない学校へ進む生徒のみなさんへ!

神奈川県は来週26日から秋季大会のブロック戦が始まります。
対戦カード、会場、時間などは高野連のHPで確認しましょう。

大会前の最終調整となる今週末の三連休はどの学校もOP戦が多く予定されています。
進学する学校以外のOP戦は進学するとなかなか観戦できません。 是非興味がある学校を覗いてみましょう!!

ちなみに21日 武相高校ではOP戦はありません。横浜市の審判講習会ですから…

日大高
21日 千葉日大(日大高第2グラウンド)
22日 Y校(Y校グラウンド)
23日 横浜商大(商大グラウンド)
の予定


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

日大高校新入部員

早いもので、息子が高校に入学して一年が経とうとしている。

先日、野球部入部希望者が揃ってグラウンドに顔を出したようだ。

新入部員の構成は
日大中 2名・・・2人ともKボール全国大会3位のメンバー。 1人は投手で ベイスターズJr 出身。 もう一人は左投げ右打ちの変わった好打者。
中本牧シニア 1名・・・投手、ベイスターズJr 出身
横浜東金沢、横浜青葉、世田谷西、海老名、相模原南、旭など各シニア、泉中央ボーイズなどなど 10名
中学軟式 2名・・・1名は神奈川県三位の投手。 1名は強肩の捕手。
以上15名らしい。
(ええ加減な息子の言う事だから、確度50%といったところだろうか? 内容確認出来次第訂正します。)

意外なことですが、日大高には毎年 ベイスターズJr 出身選手が入っています。 毎年17,8名の ベイスターズJr のなかで今年2名が入ってくるというのはなかなか珍しいことと思います。

それと日大高昨年から部員数がイッキに減らしています。 これまでは各学年25名ぐらいはいましたが、去年息子が入部した時の説明では
「少数精鋭でやります」
という説明がありました。 4月に14名いた一年生は一年間で2名退部して12名。
今年の部員数も昨年並みなのでたまたま入部する新入生が少なかったわけではなく、その方針が続いているようです。

平日はラグビー部など他部活と共有している第2グラウンドなので、適当な部員数かもしれません。
最近は智弁和歌山のように11名限定やそれに近い少人数に絞っている学校もチラホラ聞きます。
単位部員あたりの練習量で考えるとこの方法もひとつアリかと思います。


おしまい・・・

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

桜宮高校 受験生が気の毒だ

『桜宮高校の体育系2科の入試中止が教育委員会で決まった』 とネットで知った。

最近の大阪の事情は詳しく知らないが、体育科を持った公立高校は大阪府内で数校あるようだが、こと野球に関していえば桜宮高校は甲子園を狙える数少ない公立校のひとつと認識している。

公立高校の無償化の影響もあり、高校で野球を続けたいクラブチームの有力選手たちも進路として目指していたと思う。

たとえば私立高校の 特待生枠 が5名であるため有力高校で特待枠に入れない選手はもちろん多い。
その他の選手は有償ながら推薦枠などで強豪私立高校に進むか、桜宮高校のような無償の強豪公立校をを進路として考える。
私立校の推薦枠は秋には固まってしまう。
秋の段階で公立校を進路に選んだ選手がこの時期に進路変更をして、私立校の推薦枠をもらうことは一部の有力選手を除いてかなり難しい。
勉強も出来て、他の有力な公立校に進路変更できる選手はまだ対応が可能だろうが、そうでない選手は残念ながら手遅れだ。
野球部があろうが無かろうが、強かろうが弱かろうが、学力に見合った学校を選択することになる。

せめて夏ぐらいの話であれば、まだまだ対応も可能だろうが、さすがにこの時期では希望に合った進路選択は難しいだろう。 彼らがモチベーションを維持して高校生活、部活動が続けられるのか・・・

市教委、体育系2科の入試中止を決定(YAHOOニュース)
にニュースが載っています。

夜回り先生は、今!(水谷修オフィシャルブログ)
でも問題提起しています。


おしまい…

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

立正大 野球部 2013年度合格者

立正大 2013年度スポーツ推薦合格者

堀誠(日本航空)
相良優太(鹿児島商)
神戸文也(前橋育英)
鳥越翔(苫小牧東)
尾島孝秋(宇都宮工)
秋月健太(岩倉)
山下真史(立正大淞南)
金井貴之(片倉)
黒木優太(橘学苑)
小田島治真人(片倉)
田村将太郎(春日部共栄)
佐々木駿(白樺学園)
田端大樹(向上)
小道幸太(平塚学園)
神田裕作(中越)
山下寿徳(上宮太子)
市川将汰(柏日体)
樋口龍之介(横浜)
川瀬尚秀(北海道栄)
柳田一樹(秋田商)
吉江将一(関東一)
横山大智(立正大淞南)
伊藤大貴(関東一)
新納真哉(神村学園)
中村要(早鞆)
鹿沼柊汰(前橋商)
石場圭(長崎日大)
皆川仁(学法石川)

学生コーチ
沢田優(向上)

夏になって急に話題になった黒木優太(橘学苑)や小柄ながら長打も打てる樋口龍之介(横浜)が合格しているようですが、それにしても大勢取るようですね。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。