スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに逗子リトルリーグ<後編>

六年生、五年生がレギュラー目指して競争しているのが今季の逗子リトルリーグです。

何しろ昨年のチームは人数がギリギリでレギュラーはポジションもほぼ固定せざるを得ない状況でした。 最上級生を中心にそこそこの技量を持った選手がいたので、それでも優秀な成績が残せたと思います。

今年のチームですがけが人も多く、一日見ただけですので選手が復帰してくると違ってくるかもしれませんが、常時出場できる選手が5、6人でその他の選手はグルグル入れ替えて戦っていく必要がありそうです。
試合は審判泣かせの「交代」がたくさんありそうです。(審判の方はメモの用意をお忘れなく)

もう少し高いレベルでこの競争が行なわれるともっと良いのですが、それぞれの選手が日々努力しなければなりません。


<練習を見て気になったことがいくつか…>

守りでは、
> 送球、投球を含めてアウトステップインステップする選手が多い。
(これはしっかり直さないと良い送球が出来ません。投手の場合は良い球を投げても見極めされやすいので力のあるチームには通用しないでしょう。)

> ゴロのとり方が出来ていない。
(特に内野手はゴロをしっかり取れる選手を配置しないと試合になりません。腰を落として、グローブの真ん中で捕球は基本中の基本)

攻撃では、
> 前足がアウトステップする選手がチラホラ

基本的な体の使い方は>>> MFT のサイトを読んでみてください。
わかりやすく書かれています。


おしまい…
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

合宿

息子が所属するシニアチームは週末の連休を利用して、合宿です。

土曜日が学校の息子は遅れて日曜日からの参加です。

始業式の翌日ですがテストだそうです。

おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

守備範囲拡張計画

少し前、息子がマイナーの頃ですが守備範囲があまり広がらないので少し理屈っぽく説明してみました。
「あとちょっとの打球」ってどれくらい近くだったら捕れるか聞いてみました。
50センチ? 1メートル?
息子は「1メートルだったら楽勝」と答えます。
「では、1メートル走るのに何秒かかる?」
「…」

50メートルを8秒で走れる子供ならば
8(秒)÷50(m)=0.16(秒)

「たったの0.16秒!」

0.16秒早く動けるようになれば1メートル守備範囲が広がります。
ストップウォッチで0.16秒以内でスタート&ストップさせるとすごく短い時間に感じます。

走塁では間一髪アウトが1メートル近く余裕でセーフになります。

で、何が言いたかったかと言いますと、 集中力!!

つづき…

続きを読む

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。