FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慶應義塾150周年記念早慶戦

慶應義塾150周年記念早慶戦という記念行事で準硬式野球の試合があるようです。

11月6日火曜日 午後6時から 横須賀スタジアムです。

逗子リトルリーグの吉井先輩(背番号2)も出るかもしれません。
(以上、慶応大学準硬式野球部HPの情報より)
一昨年には慶応のユニフォームを着て、練習に来てくれました。
軽快なフィールディングに子供たちの目が釘付になりました。

今年も多くの先輩が顔を出してくれると嬉しいのですが…
OBの皆さんお願いしますよ!

マイナークラス、ジュニアクラスは毎日曜日にハイランド球場で練習しています。
(池子ヒルズは入りにくいので…)

そういえば今日行なわれた高校野球の関東大会で神奈川代表の横浜高校慶応義塾の両チームとも準々決勝で勝利をおさめ、順当に行けば甲子園出場です。
スポンサーサイト

ミサワホーム東京杯 2007 開幕

ミサワホーム東京杯の開会式が横浜スタジアムでリトルリーグ 25チーム、シニアリーグ 32チームの57チーム参加でおこなわれました。

リトルリーグ部門の結果のみお知らせしましょう。
秦野 10 - 0 茅ヶ崎
町田 16 - 3 横浜緑
横須賀中央 6 - 2 太田
藤沢 10 - 2 港北
二宮大磯 3 - 1 平塚
小平 7 - 1 青葉緑東

なんと秋季神奈川連盟大会で優勝した平塚リーグが一回戦で敗退しました。
この大会、どこのチームにも優勝の可能性があるようです。

逗子リーグにも、もちろんチャンスあり!

11/3の予定は
つづく…

続きを読む

週末の逗子リトル

逗子リトルリーグの週末は土曜日が通常練習。
日曜日に港北リーグと練習試合を池子ヒルズで行ないました。
秋晴れの運動日和の二日間、子供たちは気持ちよく野球ができた事でしょう。

日曜日は逗子市フェスティバル。南からの風に乗ってにぎやかな音楽が池子ヒルズまで届いてきました。
ちょっとのぞいて見たいような気持ちもありましたが…

強い港北リーグを相手に練習試合は2勝1敗とまずまずの結果。

大野監督率いる、港北リーグの鍛えられた守備は逗子リーグより上手いと思いましたが…

試合では予想以上に逗子リーグ投手が踏ん張り、第一試合ではほとんどヒットを許さず零封に封じ込め、上手いはずの守備でエラーが出た港北リーグに勝利。

第二試合では序盤制球が安定せず、球数が多く不安定な逗子リーグの投手でしたが、ピンチに踏ん張り最小失点で切り抜け、見方の数少ないチャンスでの適時打で連勝。

第三試合では逆に逗子リーグにエラーが連発し、港北リーグの5年生投手にもしっかり抑えられ完敗。

やはりエラーは痛いです。

で、港北リーグ大野監督って…
大洋(横浜)-巨人-ヤクルトで活躍した元プロ野球選手です。
体もすごく大きくって、違うなぁー

さて今週末はいよいよミサワホーム東京杯の開会式が横浜スタジアムで行なわれます。
翌週の11/3に逗子リーグの一回戦が予定されています。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

ミサワ杯の審判

11月3日は逗子池子ヒルズ球場でミサワ杯が行なわれます。
一回戦二試合、二回戦一試合の三試合を予定しています。

第一試合 小田原足柄 - 横浜青葉
第二試合 藤野 - 逗子
第三試合 第一試合の勝者 - 第二試合の勝者

練習試合でも一度も無かったのですが、リトルクラスに帯同している私を含めた4名の審判が全員参加できない事態になっています。

普段マイナークラスに帯同している審判の方々に調整をお願いしているところです。

つづく…

続きを読む

新入団

久々に選手が入団しました。
小学1年生と2年生それぞれ一人。

結果しか見ていませんが、最近のジュニアは好調!
そのチームに2名加わるので、ますます期待できます。
おそらくレギュラー争いも厳しい事でしょう。

今週末はジュニアとしては珍しく土・日とも練習試合です。
たくさん勝って、大いに楽しんでください。

リトルクラスは日曜日に池子ヒルズ港北リーグと練習試合です。
いまだに負傷者3人が復帰できないのがマイナスですが、試合に出られるメンバーで内容のある試合を期待しています。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

週末の逗子リトル

今週末は土、日曜日ともリトルクラスに参加してきました。
二日連チャンの参加は妻、娘からブーイングがあるため難しいのですが、この土曜日は娘に用事があったようで私もフリーになったため参加が実現しました。

土曜日は通常練習でリトル、マイナー合同で久しぶりにマイナーの選手にも顔を合わすことができました(やはり小さい)。
リトルクラスのバッティング練習に登板した”ま”コーチが足を負傷(”ま”コーチは二人います)するアクシデントがありましたが、”や”コーチ、高校生のリリーフで何とか練習を終える事ができました。

日曜日には横浜緑リーグとの練習試合が行われ、
第一試合、逗子リーグはチャンスに下位打線に打順が回ったりして上手く得点ができませんでした。 先発投手は序盤制球が定まらず不安定な投球でしたが要所を締め、後半は危なげないピッチングで相手打線を零封。
最終回に得点しサヨナラ勝ち!

しかし第二試合はエラーの連発、審判をしていなかったのでネット裏で観戦していましたが、イライラするばかりなので途中シニアでも見学に行こうかな、っと思って覗いてみるとシニアは遠征中。
我慢して見ていたのですが、最終回にチャンスにもかかわらず盛り上がらないベンチに”怒り!”
(最近は一番うるさい(うっとうしい)審判のおっさんになっているとのうわさもあり)
試合は負け。

第三試合、試合前に監督から厳しいアドバイスがあったのでしょう。
序盤に得点を重ね完勝。

審判のおっさんが怒鳴るより監督の一言が選手には重みがあります。 でも審判のおっさんはこれからも時々は大阪弁で怒鳴ると思います。

今度の週末(10/21)は港北リーグと練習試合です。

つづく…

続きを読む

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

守備範囲拡張計画

少し前、息子がマイナーの頃ですが守備範囲があまり広がらないので少し理屈っぽく説明してみました。
「あとちょっとの打球」ってどれくらい近くだったら捕れるか聞いてみました。
50センチ? 1メートル?
息子は「1メートルだったら楽勝」と答えます。
「では、1メートル走るのに何秒かかる?」
「…」

50メートルを8秒で走れる子供ならば
8(秒)÷50(m)=0.16(秒)

「たったの0.16秒!」

0.16秒早く動けるようになれば1メートル守備範囲が広がります。
ストップウォッチで0.16秒以内でスタート&ストップさせるとすごく短い時間に感じます。

走塁では間一髪アウトが1メートル近く余裕でセーフになります。

で、何が言いたかったかと言いますと、 集中力!!

つづき…

続きを読む

逗子、葉山、鎌倉で少年野球をするなら(続編)

…続きです。
残念ながら息子が入ったチームには同じ学校の5年生が数名いて、他は違う学校の子供でした。野球の人気の無さに寂しく感じました。

さて、子供の野球チーム選びですがどうしましょう。
何で選びますか? 求めている内容にもよりますが、
「指導者」、「グラウンドを含めた環境」、「チームメイト」はチームによってかなり異なります。

硬式野球を早くから始めると故障するといった話しもありますが、アメリカではほとんど硬式野球ですし、リトルリーグでは投球制限などかなり「体に優しいルール」がありますから硬式野球だから故障が多いということもないようです。

息子は1~2年生の間はソフトボールを楽しんでいましたが、3年生になる頃に「プロ野球のような野球」に興味を持ち始めたため、ホームページで探した逗子リトルを覗きに行きました。

ハイランド球場ですがカーナビで検索しても出てきません?? 地図上は久木貯水池となっています。 何とか探し当てていってみると「エぇー!」って感じです。 私の高校より良いグラウンドがそこにはありました。 外野は芝生で内野も黒土。マウンドもちゃんとあります。 すごい!! そこでプレーする選手もキビキビとしていて良い感じでした。
スタッフも選手を名前ではなく名字で呼びます。 「ダイスケェー」ではなく「まつざか!」です。
息子も野球場に一目惚れしたようで、「どうしても逗子リトルでプレーしたい」と…

小学生がプレーするソフトボール、軟式野球、硬式野球すべて少年野球と言えますが、環境がこれほど違うとは行ってみるまで知りませんでした。 必ずしも良い環境でプレーをしたからといって上手になるわけではありませんが、チーム選びの大きな要素として考えた方が良いでしょう。

息子が入団して間もなく、ティーボールの大会が横浜スタジアムで行われました。 今度は「何でや!」って感じでしたが毎年行われている大会のようでリトルリーグでなくても参加できるようですが、ラッキーでした(親もグラウンドにに入れました)。
リトルリーグでは開会式を横浜スタジアム保土ヶ谷球場で行ったり、大会も保土ヶ谷球場平塚球場などすばらしいグラウンドで行います。

入団してからわかりましたが逗子リトルには変化球対応のピッチングマシーンが2台もあります。 こんなのでガンガン打てば「息子も上手くなるかも…」と一瞬思わせてくれますが、チームには上手い子供がいて目を疑うような打球を打ち、夢を打ち砕いてくれます。
それでもこのようなレベルと環境でプレーをすれば子供も後で後悔する事も無いのでは、と思わせてくれます。

逗子リトルには逗子を中心にその周辺からも「野球好きな子供」が集まってきます。 「志の高い仲間とプレーする」からでしょうか? 小学4、5年までは正直それほど上手くない子供も卒団する中学1年の夏にはかなり上手くなっています。

野球が上手くなりたい子供であれば逗子リトルのような環境でプレーするとますます野球が上手くなると思うのですが…

それと逗子リトルの子供たちは街で出会ってもちゃんと挨拶をしてくれます。父兄としてとても嬉しい事です。

つづき… ソフトボール、軟式野球の特徴を簡単に書いてみました。

続きを読む

週末の逗子リトル

リトルクラスの今週末は船橋遠征横須賀遠征でした。

日曜日は船橋までおよそ2時間、子供たちはいつもと違う景色に少々遠足気分が入っていたようです。
都合で少々欠席者がいたため12名しか参加できず、けが人もいたので試合には10名で臨んだようです(残念ながら私も仕事で欠席)。
取手リーグも参加して3チームで試合をおこなったようですが、船橋リーグに2敗、取手リーグに1勝という結果のようです。
やぁーーーと、ロックウッド選手にホームランが出ました。センターへの良い打球だったそうです。

月曜日は横須賀遠征。
朝から悪天候が予想されましたが、朝は雨も無かったので試合開始!

第一試合は、先制するものの途中から制球が定まらなくなりボールが先行したところを長打を浴びて逆転負け。

二試合目は空が真っ暗になり始めた中で、途中中止を前提に試合開始!
3回を終えて2-2の同点のまま雨天中止。 この試合は球審を務めました。
横須賀リーグは5年生の速球派浅見選手、逗子リーグは6年生の軟投派矢作選手の投げあいで、両投手特徴を生かしたピッチング、さらに両チーム積極的な攻撃で気分良く球審ができただけにもう少し続けたかった試合でした。


つづき…

続きを読む

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

逗子、葉山、鎌倉で少年野球をするなら

逗子、葉山+鎌倉で野球をやりたい小学生がチームを選ぶ時、もしくは親が選ぶ時にどうすればよいのか?
(すーごいタイトルを付けてしまいましたが…)

親として子供をどこのチームに入団させるのか、結構悩むところです。
私も悩みました(そんなに深くではありませんが…)。

今から30年前の私が小学生だった頃は、一つの小学校で子供会ごとにチームがあって大会ができるほどでした。強かったということもありますが、私も地元子供会のソフトボールチーム(花園東和苑イーグルス-大阪府茨木市)に一年生から入っていました。

現在5年生の長男が小学生になる時、インターネットでチームを探してみましたが、残念ながら地元のチームが検索で出てきませんでした。
「どこにチームがあるねん」 と、言った心境でした。

葉山町に住む私がいろいろ調べて、その頃わかっていたチームは葉桜ファイターズ(ソフトボール)、逗子オリーブス小坪マリナーズ沼間グリーンファイターズ(軟式野球)、逗子リトルリーグ(硬式野球)です。

自分の子供がどの程度野球を一生懸命やってくれるのか
「○○くんと遊びたいから野球はイヤだ!」って言い出すのではないだろうか
なんて事も心配しつつ子供は地元のソフトボールチームに入団しました。

理由は「一番近くにあるチーム」だったからで、きっと同じ学校の友達もいっぱい入っていて楽しくできるのでは…と、確か入学してすぐに入団したと思います。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。