FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛勝

日曜日、全日本選抜神奈川連盟大会の一回戦、対旭リーグは天気と同様に曇りっぱなし。

チャンスはつくるものの、一本が出ない上手くない試合展開。
0-0 のまま試合は延長戦。

延長戦に入って、8回表旭リーグにはノーアウトでヒットを許し、外野がエラーする間に二塁まで進めてしまい。ノーアウトランナー二塁。ここはピッチャーが踏ん張り無失点。

その裏逗子リーグ、一番からの攻撃。
一番がこの日二個目の四球で出塁。
二番が内野ゴロでランナーが入れ替わり。
三番の打席でワイルドピッチ。この間に二塁に進塁。三番内野フライで二死二塁。
試合の終盤から「ホームランで決める!」と言っていた四番がセンターにライナーで放り込み、サヨナラ勝ち!

サヨナラHR_090628
(写真↑ サヨナラツーランホームラン! の瞬間 (撮影もナイスでしょ))

試合中も選手達は焦った様子もなく、ややのんびりムード。
海開きした逗子海岸のように穏やかな選手達、応援団は序盤に得点し、スッキリ勝って欲しかったのですが…

サヨナラホームイン_090628
(写真↑ ホームイン! Q.背番号13に隠れてしまっているのは?)

二回戦は来週、全日本選手権神奈川予選第二位平塚リーグと対戦です。とにかく強いチームですからベストの状態で挑みたいところです。

関東大会で大活躍後、けがで戦線離脱した選手の復帰も間もなくかも…復帰が待たれます。
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

今季残りの大会組み合わせ決定

リトルリーグ神奈川連盟の今季残された大会の抽選会が6/20行なわれすべて確定しました。

リトルクラス
全国選抜神奈川連盟大会(6/28-7/12)
逗子リーグ-旭リーグ
<展望>
抽選の結果は結構上手く散らばりました。
一回戦だけでも確実に勝てる相手か不戦勝を引きたかったところですが、そんなに甘くありません。逗子リーグは一回戦から厳しい試合となってしまいました。

同じブロックに全日本選手権予選で準優勝の平塚、選手層が厚く投手もたくさんいます。
春季大会、春季関東大会で優勝の横浜青葉は全日本選手権に年齢制限で出場できなかった、二人のS選手が出場できるので優勝候補の筆頭でしょう。バランスがよくすばらしいチームです。横浜青葉の本番は三回戦からでしょうか?
逗子、平塚、横浜青葉の中で調子が良く、投手起用に成功したチームが準決勝進出でしょう。

第二ブロックでは青葉緑東
第三ブロックでは磯子港南と横浜緑
第四ブロックでは横須賀中央、二宮大磯が有力です。

神奈川県大会(7/26-8/16)
逗子リーグ-鶴見リーグ
<展望>
第一ブロックは横浜青葉Aと瀬谷Aが一回戦から対戦します。勝ったチームが準決勝に進むと思いますが、お互いの選手自信がこの対戦を楽しみにしているでしょう。
平塚はタイガースとベアーズどちらが強いほうでしたか??
第二ブロックは磯子港南、小田原足柄、横浜緑が有力です。磯子港南と小田原足柄の左腕投手対決が見所です。
第三ブロックは青葉緑東と横須賀中央が有力ですが、一回戦で対戦してしまいます。
第四ブロックは順当に進めば逗子リーグが有力です。選手たちが楽しみにしていた瀬谷Aと対戦するには決勝戦まで進まなければなりません。

マイナークラス
神奈川大会(7/26-8/16)
逗子ハヤブサ-港北リーグ
逗子ハリケーン-横浜中央リーグ
<展望>
逗子リーグは確か逗子ハヤブサが5年生中心のチームだったと思います。
瀬谷、藤沢が若干リードしている様子です。逗子、港北が追いかけるかたちでしょうか?
しかし逗子ハヤブサは一回戦で港北と対戦することになっています。
マイナーリーグの場合、投球制限が75球(10歳以下)と少ないので投手交代でゲームの流れが変わりやすいようです。四球、エラーは禁物です。

ジュニアクラス
理事長杯(7/12)
逗子リーグ-磯子港南
<展望>
各親善大会では横須賀中央が2回、青葉緑東が1回優勝、横浜青葉は三大会とも準優勝しており、いずれも惜敗。安定した強さがあります。
優勝争いはこの3チームが中心に争われるでしょう。
逗子リーグも二大会で3位になっていますが、あっけなく敗れるもろさもあります。上手くリズムに乗れば優勝もありえます。順当に進めば準決勝で横須賀中央と対戦することになります。

って感じで書いてみました。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

先輩審判員 続編

6/17に週末の練習試合に現在シニアで活躍中の先輩審判員の竹村さんが来てくださる事をお知らせしましたが、その後OBUOさんも来てくれる事になったのです。

しかし、当日(日曜日)はあいにく雨。
練習試合も早々に中止が決まり、残念ながら名審判員にジャッジしてもらえる機会がなくなってしまいました。

同じ日に予定されていた神奈川連盟の審判講習会も中止になったのは幸いです。
今後のスケジュールからするとおそらくこのまま中止になるのではないでしょうか?

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

おすすめ野球入門<一言 その2>

ゴロの捕り方について【その2】…調子に乗ってもう一言

捕球動作と送球動作が上手くつながらない選手

捕球の時につま先が浮いていない。
捕球の寸前まで足は右⇔左順番に動いていなければいけません。
捕球する時に着地する足は”かかと”から着地し、つま先の裏が正面から見えるぐらいが良いでしょう。

右投げの選手で左足(グラブと同じ側の足)を前にして捕球する際は特に気をつけた方が良さそうです。

→→ この姿勢がつくれない選手は、捕球時に前のめりになりすぎる傾向があります。前のめりになると捕球時のグローブの位置が体の中に入りすぎるため、捕球時にどうしても動作が中断されてしまいます。やはり捕球時のグローブの位置は飛んでくるボールがグローブに入る瞬間を目で追える位置。前足のつま先より前で捕球するイメージが必要と思います。

あわせてグローブの位置は右投げの選手の場合左胸の前あたり、中心よりやや左側が良いように思います。
ボールの方向が逸れた時や判断を誤った時のグローブを動かせる範囲がやや広がります。
また、【その1】で書いたような動きも抑える効果があります。

ゴロを捕るときは(右投げ)
前足のかかとから着地し & 中心よりやや左の位置で捕球。
そうすれば、後ろ足が前に出る時にグローブを右胸に移す動作に無理なく移行できると思います。

【応用】
体の右側に転がってきたボールで余裕がないときには右足が少し前に出るようなイメージで、捕球時に右足を着地するような動きが出来れば、遊撃手の二塁送球の形が取れることになり、速いダブルプレーができます。

【復習】
球足の速い打球は前進することが難しく、捕球もしくは多少の落球であれば間に合うので、悪くても前に落とせるよう体を広く使う必要があり、そのために足は並行に近くする。

球足の遅い打球はスピードをつけて前進して捕球する必要があり、走っている中での捕球になるため足の前後は大きくなります。万が一抜かれても遠くまで転がる可能性は低い打球です。

って感じで考えを書いてみました。
足の前後幅に関しては打球の勢いや性質で変える必要があります。

確かに左足を前にして捕球するケースのほうが多いとは思いますが、私はどの様な打球でも前後させて取る必要はないと思っているので、出来れば打球によって使い分けられるように練習しておいたほうが良いと思います。

最終的には格好よく見えるようになればよいと思います。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

おすすめ野球入門<一言 その1>

「おすすめ野球入門」に続けて書いてい他部分で、私の考えは分けることにしました。
ゴロの捕球に関して【その1】…

例えばグラブに入らなかったボールが、グラブと反対側の体を抜けて行くケースが多い選手(右投げの場合は右手側)

足を大きく踏み出しすぎているようです。
足を大きく踏み出しすぎると、ボールに向かう体の部分が狭くなります(打者に対して正面を向かず斜めや横向きに近い体勢になってしまいます)。
足を平行にしているとボールに向かった体の面積は大きくなり、抜けたボールが体で止まる可能性が高くなります。例えるならば、しこを踏むのに近い姿勢が体をボールに対して大きく使えます。

→→ 初心者の子供に教える場合は足を並行した状態でゴロを捕球する事から教えて、足を前後させる事は動きの中の応用として捉えた方が良いと思います。特に硬式野球の場合は恐怖心がつきやすいので、変な癖が付くと修正が難しいようです。

MFTの【捕球姿勢の変化】もあわせて読んでみると参考になるかもしれません。
私もアメリカに住んでいる時に散々メジャーの試合やカレッジの練習(カレッジの試合は見なかった)を見ましたが、ウォーミングアップのようなノックでは足を平行にしてしっかり捕球する選手が多かったように思います。もちろん捕球と送球が連動しにくいですが、徐々に足を使った動きに進行していたので目的があったのでしょう。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

おすすめ野球入門

子供が見る。子供に教える。 と、いう事でお勧めの野球入門。
MFT【エム・エフ・ティー】 というホームページ。

1. 無料
2. 動画も付いている
3. 入口から丁寧に説明している
4. 目的ごとに細かく分かれている

1. 野球入門書 って千円以上はしますが、ホームページのサイトなので【無料】

2. 必ず【写真付き】で説明がされていますが、写真では分かり難い内容は【動画】で紹介しているので分かり易い。

3. 結構野球入門書の類は読んでいますが、ボールの投げ方や捕り方、バットの振り方などはあまり細かく説明されていないですよね。本の場合はホームランやヒットの打ち方、速い球の投げ方を中心に構成しないと販売しにくいのかな。多くの野球入門書はそのような構成、編集になっていますよね。

しかしMFT【エム・エフ・ティー】のサイトでは本では載っていないような内容も説明しています。

”感性の良い子供は自然に身に付けるような部分で、野球が上手かった指導者や大人はきっと意識することなくマスターしたような…”

子供ができないと「なぜ?」って感じかもしれません。
そんな基本的な、意外と教えにくい内容からスタートしています。
出来ていると思っている子供も、もしかしたら間違って身に付いているかも知れませんね。

4. 細かく説明がされています。ゴロの捕り方でも足の運び方、グラブの出し方、送球動作など考えられる動きごとにそれぞれ説明や練習方法を加えてあります。

ゴロを上手く捕れない選手であれば【捕球姿勢の基本1】、【捕球姿勢の基本2】などを確認すると良いかもしれません。

本当に丁寧に説明しているので親はもちろん指導者も教えるポイントの整理が出来て参考になると思います。
高学年の選手には自分で見て、読んで学ぶ事が出来ると思います。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

先輩審判員

週末6/21(日)に神奈川連盟夏季審判講習会が平塚LL球場で行なわれます。

当日リトルクラスの練習試合が予定されていますが、審判が講習会で出払っているのでOB審判の竹村さんが来てくださる事になりました。
リトルに在席されていた頃にはいろいろ教えてくださった名審判員のお一人で、本当は一緒にグラウンドに立たしていただけると良かったのですが残念です。
当日は全日本選手権神奈川代表の瀬谷リーグ戦も予定されています。よろしくお願いします。

東金沢シニアのOBUOさん、逗子シニアのOさんもそろそろお願いします。


夏季審判講習会ですが、個人的にはほとんど意味のない講習会と思います。規定ですから仕方がありません。
大会で審判をするためですが、冬季審判講習会で一通り講習しているので夏季審判講習会は公式戦、練習試合の参加回数で免除するとか工夫をしてもらいたいものです。
試合数をポイント換算するとか…
以前からも言われていますが、実戦をこなしていない方はなかなか難しいと思います。何回講習会に参加しても。

当日平塚LL球場の上だけ雨が降ってくれると助かるのですが…

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

全日本選手権の顔ぶれ

2009年の全日本選手権は16チームで競われます。
7/4、11の二週に分けて東京の江戸川球場と、臨海球場で世界大会を目指した熱い戦いが開催されます。
逗子リーグが神奈川予選で敗退し、出場できないのが残念ですが…
週末に顔ぶれが揃ったはずと思い、あちこちのHPで調べたのでお伝えします。
いやぁー、すんなり出てこない連盟が多くて大変でした。ビッグイベントにもかかわらず更新が遅い連盟が多いですね…

旭川大雪リーグ(北海道)
いわき平リーグ(福島県)
仙台東リーグ(宮城県)
大宮リーグ(埼玉県) … 春季関東大会の優勝チーム。
千葉市リーグ(千葉県)
武蔵府中リーグ(東京都)… 春季関東大会では一回戦で川口リーグのK投手に抑えられたものの、すばらしい選手がそろっています。
調布リーグ(東京都)
瀬谷リーグ(神奈川県) … 神奈川連盟の代表。選手層が逗子リーグの3倍ぐらい厚い。走攻守揃ったT選手、マイナーの頃から神奈川で有名なI選手など。
新潟中央リーグ(新潟県)
松阪リーグ(三重県)
名古屋北リーグ(愛知県)
泉佐野リーグ(大阪府)
大和高田リーグ(奈良県) … 春季関西大会で優勝した宝塚リーグに勝って出場決定。
笠岡リーグ(岡山県)
松前リーグ(愛媛県)
佐世保中央リーグ(長崎県)

HPを持っているリーグへのリンクは逗子リトルリーグのHP中にあるリンク集から見ることができます。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

オール大宮

逗子リトルリーグは昨日の土曜日、オール大宮小田原足柄リーグ練習試合を行いました。
オール大宮春季関東大会で優勝し、全日本選手権への出場も決めた強豪チームです。

この日の練習試合には息子は学校で、残念ながら参加出来ませんでした。

さてオール大宮戦の結果ですが 0-1 で惜敗。
先発投手が好投し、締まった試合が出来たようです。
攻撃面でもう少し頑張ってくれればなお良かったですね。

全日本選抜予選に向けて良い試合が出来ました。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

全日本選手権神奈川連盟大会

逗子リトルリーグ全日本選手権神奈川連盟大会の敗者復活戦を戦いました。

第一試合は 逗子 2x - 1 小田原足柄
6回裏にサヨナラヒットで接戦を勝利!

第二試合の決勝リーグ進出決定戦は 逗子 3 - 4 横浜緑
1回裏に3点先制 3-0
5回表に失策絡みで2点失点 3-2
6回表に2点HRを打たれ 3-4

残念ながら神奈川連盟の決勝リーグに進む事が出来ませんでした。

今年の選手達はとてもマイペース。 勝っても負けてもいつも同じ。
上手い選手が揃っているわけでもないのにジュニア、マイナー時代には優勝するツキも持っています。
リトルクラスになってもミサワホーム杯準優勝春季神奈川連盟大会準優勝関東大会ベスト8と結果を残したメンバー、これらの試合で負けても表情を変えなかった選手達が、今日は涙を流していました。 こらえようとしてもあふれ出る涙…

今日はたった9人の選手。みんな頑張った!
でも、負けた。
監督が選手みんなに残した言葉
「強いチームが勝つのではなく、勝ったチームが強い!」

今日足りなかったこと…
今日悔しかった選手、忘れなければきっと上手くなれるし、強くなれる。

頑張れ 逗子リトルリーグ!

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。