FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森山田高校

高校野球ファンならば誰でも知っている青森山田高校のグラウンドです。
昨日立ち寄って来ました。
青森山田高校 001

青森も暖かく、雪がどんどん溶けはじめていましたが、グラウンドはまだ真っ白です。センターには「気力」、「迫力」、「全力」の文字が掲げられています。
青森山田高校 002

青森山田高校がある青森市は県内でも雪が多い地域です。今年は近年ではたくさん降ったそうです。4年ぐらい前にもっと降った年があり、私はその冬も青森を訪れています。
青森山田高校 003
野球部の寮(合宿所)も学校の近所にありました。趣(おもむき)のある建物です。玄関戸脇の木製看板の文字は読み取れませんでした。


おしまい…
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

シニアの審判講習会に初参加! 追加

今回の審判講習会で厳しく判定するように言われた事ですが、

<打者の捕手に対する妨害>
一塁ランナーが盗塁を試みた際に打者がスイング!
空振りして打者がホームベース前に踏み出した…
捕手は二塁へ送球!

【判定は…】
1. 投球に対するストライク or ボールの判定
2. 打者を指して「インターフェアー」のジャッジ
3. 盗塁した走者の判定を待つ

そしてここからは走者の状況によって判定が異なります。

4-a. 盗塁アウトの場合は、走者はそのままアウト。 打者には投球の判定(ストライク or ボール)
4-b. 盗塁セーフの場合は、打者に向かって「アウト」のコール。 そして走者を一塁に戻す。
4-c. 走者が挟まれた場合は、すぐに「タイム」のコール。 そして打者に向かって「アウト」のコールと走者を一塁に戻す。

このようなプレーに対する判定は積極的にジャッジしなさいとのことです。

このプレーと同じケースを先日の「Get Sports」という深夜の番組で見ました。
阪神タイガースに移籍した城島捕手の特集でしたが、たまたま大リーグ時代の活躍シーンのVTRで打者がスイングの勢い余ってホームベースに踏み出し、ランナーが盗塁した場面。
球審は打者を指差していました。(聞こえませんが、「インターフェアー」と言ったのでしょう)
城島捕手が盗塁を刺したので、ランナーがアウトの判定でした。

講習会では、ずるいプレーには厳しい判定をしなさいということでした。
投げて、打って、走るという基本的な技術を高めるように選手の意識を向けさせる事でしょう。

選手の皆さんも指導者の皆さんもずるいプレーをしないように注意してください。


おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

シニアの審判講習会に初参加! 後編

続きですね。

今回手伝いをしてくれた選手は相模原南瀬谷横浜青葉の三チーム。 瀬谷横浜青葉にはリトルの頃からの見慣れた顔がいました。 イヤー 嬉しいですね。
瀬谷は全日本選手権ベスト4のメンバー五○○選手、多○選手、横浜青葉は春季関東大会準優勝のメンバー進○選手、重○選手、永○選手、野○選手 etc。

講習は準備体操、ゴー&ストップ コールから始まり、私はセカンドベースの判定練習に移りました。

二塁塁審はリトルと大きく違うところです。
ランナーが出るとダイヤモンドの内側に入るのでシニアで審判を始めた当初は一番戸惑ったポジションでした。
それに怖い!本-二塁から数メートル逸れたところに位置するので、捕手からの送球や投手の牽制球が当たるんじゃないかと…

まだ一度も当たった事はありませんがね。


在籍しているチームの審判団はしっかりしているので、以前から練習試合や練習でたくさん教えてもらっていましたが、今回は甲子園の全国高校野球大会などでも活躍されている審判員の方にもわかりやすく説明をしていただけたので、いろいろ確認が出来ました。二盗をジャッジする動きなんてカッコ良かったです。


ノッカーはリトルの方が上手かったですね。港北リトルの監督はさすが元プロ野球選手ってボールを打ってくれます。
残念ながら今回の講習会ではそこまで上手いノックを見ることは出来ませんでした。


シニアではリトルのような審判手帳は発行されません。我々のようなチーム審判が大会に駆り出されるかはわかりませんがリトルほどカッチリ決まってないような感じです。

リトルでたくさんの試合に参加すれば、シニアの審判もそれなりには出来ると思います。
リトルの審判の皆さん、シニアで待ってます。


リトルの審判講習会も同じですが、今回も人数が多すぎて順番がなかなか回って来ない。
じーっとしているとヤッパリ二月は寒い!
で、風邪を引いてしまいました。


おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

シニアの審判講習会に初参加! 前編

日曜日、シニアの審判講習会に行って来ました。

5:50AM 金沢区の某駐車場に中学一年生の審判員十名が集合しクルマ二台で相模原南シニアのグラウンドに向かいました。

前日の寒さと降り続いた雨で、中止を期待していたのですが、当日は雨も上がり中止の連絡も届かないままグラウンドに着いてしまいました。


この日、リトルも審判講習会初日で座学が行われたと思います。
テーマと講師によっては退屈な時間ですが、毎回参加していても一つか二つ(も or しか ?)新たに覚える事があります。
重ならなければ、こちらにも参加したかったのですが残念です。
これでリトルの審判資格が失効になるので、大会の審判は出来なくなりました(…残念です)


シニアの審判講習会は座学はありません。 実技一日のみです。
講師は連盟審判の中でも上級者と思われる方々(詳しく知らないので)と社会人、大学、高校野球で審判をしている本職(?)の方々です。

三百人超の参加者を上級、中級、初級の三クラスに分け隣接する三つのグラウンドで行われました。人数は上級が極端に少なく、中級と初級は同じくらいでしょうか?それぞれ140人ぐらいいたように思います。

私は何故か中級に配置され、経験者に紛れ込んで受講することになってしまいました(ヒヤー勘弁してェー)


つづく…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

茨城県へ遠征

日曜日は茨城県のT二高グラウンドに遠征で伺いました。

県立高校ながら桑田、清原のいたPL学園を破って、全国制覇したこともある名門校です。最近は甲子園からご無沙汰しているようですが、甲子園に戻って来て下さい。

風も強く、寒い一日でしたが、伝統校で楽しんで来ました。

ついでにPL学園にも行ってみたいですね。


おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

関西人はやっぱりPL学園

PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?
(2009/03/20)
橋本 清

商品詳細を見る


先日、息子が買ってきたこの本を通勤時間を使って読みました。

筆者は元ジャイアンツの橋本清さんで、正直文章は期待薄。実際に読んでみると、PL学園OBの筆者だから書けたこともあるでしょうが、もう少し本を書いている人ならばもっと興味深い内容に、読み応えのある文章に出来たのではないかと思うと少し残念でした。

関西人の私にとっては今住んでいる神奈川の横浜高校よりもやっぱりPL学園の方が野球の強い高校というイメージとしてピーンときます。我々の年代はPL学園の全盛期。清原、桑田が同学年ですから特にです。
当時は阪神タイガースよりもPL学園の方が強いとまで言われた時ですね。
甲子園で何回校歌が歌われたでしょう??
割とわかりやすい校歌の一番は覚えてしまいましたね。

PL学園の一年生として甲子園に登場した清原、桑田を見て同じ学年とは思えなかったですね。同級生で甲子園に出た知人もいますが、清原、桑田は別世界の人間。彼らのコメントも本書で紹介されています。

本書ではPL学園 野球部を少しだけ覗くことが出来たような感じです。


おしまい…

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。