FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルリーグから中学硬式野球へ! -4-

【野球版 高校進学塾】

中学硬式野球チームは、「野球版の進学塾」 と言い換えても良いでしょう。

結構、中学受験の塾に似ています。

[中学硬式野球チームに所属する選手の目的] ⇔ [中学校受験の目的]
・ ほとんどが高校進学 ⇔ 私立を中心にした中学受験

[進学後の目標]
・ 高校野球で甲子園 ⇔ 有名大学進学
・ 甲子園を目指さないまでも高校野球を楽しむ ⇔ 系列校で受験の心配をせず学校生活を楽しむ

[志望校決定の方法]
・ 野球の実績 ⇔ 模試の偏差値

[進路指導]
・実績に加え、個性、性格、学校の成績を考慮 ⇔ 偏差値を元に入試の傾向、学校の雰囲気などを考慮


中学硬式野球チームはチームによって内容に差はあると思いますが、選手の進路を指導してくれます。
上のように普通の進学塾が、勉強の成績で偏差値が決まりのと同様に、中学硬式野球チームは、選手の野球の技量を中心に判断するという違いこそありますが似た部分があります。
野球の場合は甲子園常連校が偏差値が高い傾向になりますね。


まだ進学に関してはヒアリングが十分にできていませんが、
・ 単純に「来てね!」と誘われる 「勧誘」
・ 入学試験の免除、大会上位入賞などによる内申点の上乗せなどがある 「推薦」
・ ずば抜けて野球が上手いと判断された学費免除の 「特待」
などその条件はいろいろですが、全国大会レベルのチームにいた方が、条件はかなり良いように思います。

全国大会レベルのチームには
良い選手がいるので多くの高校関係者がグラウンドに足を運んでくれます。
同じチームにいると目に付く機会が多くなります。
誘ってもらうには知ってもらわないと始まりませんから、その機会は全国大会レベルのチームの方が多いと言えます。

また、チームによってつながりのある高校も様々です。
全国大会レベルのチームは毎年のように有力校を始め多くの高校に選手を進学させています。
チームが高校とつながりが強ければ高校へ進学できる可能性も大きくなります。

このあたりは、調べにくく聞きにくい部分ですが、少しでも野球で高校進学を考えるならば重要なところです。 気になる方は見学や体験の際にスタッフに聞いてみるとかOBや在団選手に聞いてみるとよいでしょう。

これって塾に置き換えれば「進学実績」ですよね。
中学硬式野球チームも塾のように堂々と「進学実績」をアピールすれば良いのにと思います。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

アジアAAA 野球選手権

アジアAAA 野球選手権

周りから 「保土ヶ谷おやじ」 と呼ばれるのでは、
と少し気にしながら高校日本代表の試合を観戦してきた。

今年はタイミングが合わず甲子園には行けなかったのでメンバーを見るのは新鮮な感じだ。
選手はいずれも素晴らしい。 ノックも実にスムーズだ。 プロのシートノックはほんとうに調整といった感じだが、高校生は結構真面目にやってくれるので観ていて面白い。

近藤健介(横浜)はこの日はキャッチャーだったが、シートノックの時も試合中の投球練習の時もセカンドに全力送球していた。 正直、こんなに肩のよい選手だとは思わなかった。 たまたまかもしれないが県大会などでこんなすごい送球を見せてくれたことがなかった。
道端俊輔(智弁和歌山←ジュニアホークス)、佐藤大貢(東海大相模)もキャッチャーに入ったが、近藤健介(横浜)のセカンド送球はズバ抜けていた。 道端俊輔(智弁和歌山)もさすが甲子園出場5回の選手で素晴らしかった。

野手ではセカンドを守っていた二人が良かった。
宮内和也(習志野←佐倉シニア)、板崎直人(作新学院←宇都宮シニア)
ふたりともこのメンバーでは、というより最近の高校野球の中では小柄な選手だが、運動神経、センスの良さを魅せてくれた。 身のこなし、グラブさばき打撃を考えなければこの二人が二遊間を守ったんだろう。

攻撃は木製バットを使い始めたところでまだ本調子ではないのだろう。
それでも高橋周平(東海大甲府←湘南クラブボーイズ)のバッティングは「さすが」である。


余談だが、息子が一番感心したのは最近高校野球誌で話題にのぼることが多い 「ラガーおじさん」 (8号門クラブ)がこの日もバックネット裏最前列に座っていたことかもしれない。


こんなに素晴らしい選手たちが見れる大会なのに、肝心の決勝ラウンドは平日に行われる。 それも9/1、2、学校も始まっている。 日本 vs 韓国 を見たかった。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

リトルリーグから中学硬式野球へ! -3-

【チームのレベルと目標】
チームの目標とレベルによって活動が異なってきます。
全国大会レベルのチームと各大会一、二回戦のチームでは内容が大きく異なっています。

全国大会レベルのチーム
[練習試合]
強いチームと対戦を組む事を中心とします。
チーム力がかけ離れているとお互いに練習にならないためです。 県内だけでは同じチームとの対戦を繰り返すだけになってしまうため、トップチームは関東一円のトップチームと対戦を続けます。 遠征範囲は広がります。

[入団している選手]
集まってくる選手も実力自慢の選手が多く集まる傾向にあります。
小学生時代に地域ではチョッと有名な選手から全国大会やプロ野球のジュニアチームに選抜された選手です。
チームとしては、中学一年生のスタート時点で他のチームよりも数歩リードしたかたちで始めることが出来るわけです。

[出場機会]
良い選手が多くいるのでレギュラーを取れないだけでなく大会でベンチ入りできない事もあります。
高い目標を持った選手の集まりですから、個々の選手もそれぞれ努力を重ねます。
小学校でそれなりに活躍した選手が数十人も集まってくるわけですから大人が考えれば当然ですが、まだ12、13歳の子供には想像する事が難しいと思います。


各大会一、二回戦のチーム
一学年十数名の比較的小規模なチームや学年をまたがないと人数が足らないようなチームもあります。
このようなチームの大きなメリットは 『試合に出場できる』 『レギュラーになれる』 可能性が高いということです。

試合の質は全国大会レベルのチームとひかくすると劣る内容になってしまいますが、試合に出場する事により実戦練習ができ多くの経験を積む事が出来ます。

全国大会レベルのチームではひとつのミスで交代させられるようなこともよく見かけます。 ひとつのプレーの大切さを教える意味もあると思うのですが、そのように交代を進めていかないとなかなか多くの選手を起用してチャンスを与える事も難しいという面もありますし、層が厚いので交代した選手も十分活躍出来るレベルにあるようです。

どちらが良いかは、子供の性格やレベルを考えて考え方やそれぞれのメリット、デメリットを伝えてあげると良いと思います。


つづく…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

リトルリーグから中学硬式野球へ! -2-

【見学・体験入団は必須】
少なくとも 2、3チームは見学もしくは体験入団は必ずおこなってください。
各チームで練習と試合を両方見ることが出来ればなお良いと思いますが、日程的に難しいかもしれません。
半日づつ一日2チーム回っても良いでしょう。

うちの息子は土曜日が半日学校で。日曜日はリトルのイベントなど予定があったので土曜日午後の半日を使って見学に行きました。

子供にとっても一番良くないのは、せっかく入ったチームでヤル気をなくしてしまうこと。 目標を見失うことなく中学三年生の夏まで続けることが出来るチーム選びが大切です。
どこのチームでも途中退団は10%程度、多いチームは30%以上も退団することがあるようです。

チームとの相性があわない、ヤル気を失ったなどで辞める選手を見てきたので、私はこの項目は父兄に強くお願いしたいです。

ほとんどの子供は間違いなく複数チームに見学・体験に行きたがりません。 子供なりに結構緊張もしますから。
「一つのチームをだけで大丈夫」
と言うはずです。

小6、中1の子供が一つのチームを見ただけで判断出来ると思いますか?

親としては無理にでも子供を連れて、数チームで見学・体験をさせる事こそチーム選びの重要なポイントです。


ここから先は、選手や家庭の判断基準によります。 その基準例を書いてみます。


つづく…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

リトルリーグから中学硬式野球へ! -1-

下書きしたままアップできていませんでした m(__)m。

昨年(2010.7)にもリトルリーグの中一選手向けに「中学硬式野球」の選び方を書きました。

今回は古い文章を探しだすのも大変でしょうし、私も息子が中3で中学硬式野球のほぼ全日程を終了した段階でひと通り体験したところで書きなおしてみることにします。


神奈川県には
シニアリーグ=『43
ボーイズ=『30』 (昨年より2チーム増)
ヤング=『11

あわせて 『84』 チーム(チーム数は若干誤差の可能性あり)、すごい数ですね。
この中からチームを探す事になります。


つづく…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

やったー! 逗子リトルリーグ

2011 ザバス杯全国選抜リトルリーグ野球大会

逗子リトルが初出場で準優勝に輝きました。 これってすごいことです。 大会、試合の詳細はわかりませんが選手たちは持てる力を存分に発揮したのではないでしょうか。

大会二日目は情報が入ってこなかったので、神奈川と同じように雨で順延にでもなったのかと思っていましたが、試合は行われていたのですね。

逗子リトル選手諸君 「おめでとう!!」


【決勝】
藤沢(神奈川Ⅰ) 9-1 逗子(神奈川Ⅱ)

【準決勝】
藤沢(神奈川Ⅰ) - 宝塚(関西)
逗子(神奈川Ⅱ) 2-0 仙台(東北Ⅰ)

【二回戦】
藤沢(神奈川Ⅰ) 13-3 磐城(東北Ⅱ)
宝塚(関西) 23-14 安城(東海)
逗子(神奈川Ⅱ) 11-8 長野南(信越)
仙台(東北Ⅰ) 9-4 熊本大津(九州Ⅱ)

【一回戦】
藤沢(神奈川Ⅰ) 12-0 広島北(中国)
磐城(東北Ⅱ) 2-0 佐世保中央(九州Ⅲ)
安城(東海) 3-1 武蔵府中(東京)
宝塚(関西) 7-0 大宮(北関東)

逗子(神奈川Ⅱ) 5-0 船橋(東関東)
長野南(信越) 10-0 都城(九州Ⅰ)
熊本大津(九州Ⅱ) 8-1 札幌新琴似(北海道)
仙台(東北Ⅰ) 4-3 西条(四国)


おしまい…

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

すごいぞ 逗子リトル

2011 ザバス杯全国選抜リトルリーグ野球大会
逗子リトルは二日目の準決勝にコマを進めました。

一回戦
逗子 5-0 船橋(東関東)

二回戦
逗子 11-8 長野南(信越)


逗子リトルのHPには早速開会式の写真がアップされていました。


おしまい…

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

高校野球 2011秋季神奈川県予選

甲子園の高校野球も準々決勝まで進んでいます。 神奈川県代表の横浜高校はベスト8目前で敗れてしまいました。

息子の中学野球生活も一段落したので、次は高校野球にも話題を広げてみます。
神奈川県の秋季地区大会は今週末より始まります(8/20、21、23)。 高校で野球をする中3受験生の皆さん是非観戦に出向いて、各校の雰囲気を感じてください。 グラウンド提供校はグラウンド整備や裏方の仕事もわかりますし、試合前練習、シートノックも校風がはっきり出ています。
※ 細かな時間などは神奈川県高野連のHPで確認してください。

[2011夏ベスト8校]
桐光学園:向の岡工、高津、川崎総合科学 (桐光学園)
横浜創学館:氷取沢、金沢総合、東 (横浜創学館)
桐蔭学園:横浜栄、横浜立野、荏田 (桐蔭学園)
立花学園:高浜、大原、大磯 (立花学園)
向上:光明相模原、相模向陽館、伊志田 (光明相模原)
法政二川崎工科、新城、菅 (川崎工科)
…古豪法政二の夏のベスト8は本物だったのでしょうか?
武相:城郷、横浜翠嵐、磯子工業 (武相)

[その他注目校]…筆者の感覚。 遠いので西湘エリアにはあまり興味がありません。
東海大相模:柏木学園、相模原総合、伊勢原 (東海大相模)
慶應義塾:永谷、保土ヶ谷、鶴見 (慶應義塾)
日大:関東六浦、横浜緑ヶ丘、上矢部 (関東学院大学)
日大藤沢:藤沢工科、深沢、慶應藤沢 (日大藤沢)
横浜商業:横浜学園、舞岡、元石川 (横浜商業)
鎌倉学園:藤沢総合、湘南工大附、藤沢西 (藤沢八部球場)
…このブロックが今回は一番厳しい様に思います。鎌倉学園、湘南工大附、藤沢西の三校が集まっています。

※ 校名の後の()が開催球場、学校です。

横浜高校は県大会本戦からの登場です。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

神奈川県大会決勝

神奈川県大会決勝の結果です。
各クラス優勝チームのみなさんおめでとうございます。


【マイナー】
逗子 5-0 横浜青葉
(三位:青葉緑東、横須賀中央)

逗子の投手が良かったです。 エースではないらしいですが、将来性を十分感じさせ、投手の雰囲気がありました。
前半に得点を重ねることができ、逗子ペースで試合を進めた勝利です。


【リトル】
平塚 6-0 逗子
(三位:瀬谷A、横須賀中央)

逗子は昨日の準決勝、横須賀中央戦でエースを温存できる展開だったのに使いきってしまった。 一方の平塚はあくまでも優勝を目指しエースを温存して決勝に臨んだ。 この差がそのまま結果にでた印象です。
逗子リトルは来週からの全国選抜大会が控えていますが、もう少しうまい戦い方があったように感じました。
例年になく良い投手が揃っていますが、個性的な投手がいても良さそうです。


【シニア】
横浜泉 6-1 愛甲
(三位:横浜東金沢、秦野)

力の差は歴然としていましたから愛甲は善戦したということですかね。 横浜泉にすれば昨日の準決勝、横浜東金沢戦が事実上の決勝ですか。 今日はエースを温存しても危なげない試合でした。
抽選のいたずらですね。 もう少し力量、選手層で竸ったチーム同士で決勝が出来ればもっと見どころがあったでしょう。 横浜泉の選手たちも勝負に対する姿勢が弱かった印象でした。


[シニア日程終了]
神奈川県のシニアリーグはこれで全日程終了です。 小学生の時、軟式やソフトでプレーしてきた選手は2年半、リトルでプレーしてきた選手は2年間の中学野球でした。
選手を支えた父兄の皆さんお疲れさまでした。

選手はしばらく勉強に励んで内申点のアップと高校での勉強についていけるだけの基礎学力を今のうちに身につけて下さい。 そして、来春には希望校で野球ができ、お互いにグラウンドで顔を合わせることが出来る日を楽しみに日々努力して下さい。



おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

2011 神奈川県大会 準決勝

明日の神奈川県大会決勝にはリトル部門では逗子リトルがマイナー、リトルが揃って進出しました。

シニア準決勝(大和引地台球場)
横浜泉A 5-4 横浜東金沢A
愛甲 - 秦野

リトル準決勝(平塚LL球場 A面)
平塚ベアーズ - 瀬谷A(延長)
逗子リトル 12-1 横須賀中央

マイナー準決勝(平塚LL球場 B面)
横浜青葉 - 横浜緑東
逗子 11-1 横須賀中央


おしまい…

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。