スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球部員の不祥事

また新たな不祥事が報道されている。 今回は甲子園出場校のようだ。
少し暗くて重いテーマだがあえて以前から思っていた疑問を書いてみたい。

毎回報道される度に疑問に思うことのひとつに高校野球で不祥事が発生した場合の学生野球協会及び高野連の処分の内容がある。
なんとなく一貫性に欠けているというか一般社会と乖離しているような気がしたので、ネットを巡ってこれまでの不祥事をさかのぼって掲載するとともに処分について調べてみた(過去の日付で掲載&カテゴリ「不祥事」)。
念の為に書いておきますが、不祥事=出場停止にすべきとか、一切連帯責任にすべきではないということを書きたいのではなく処分が一般社会とズレているように感じる点です。

いろいろ不祥事はあるが下記のように逮捕者が出ても「対外試合禁止」にはならないのが近年の日本学生野球協会の基準のようだ。
一方報道では詳細を知ることは出来ないが、「部内暴力」「喫煙」「万引」「不正乗車」ちょっと変わったものでは「駅駐輪場不正使用」などは「対外試合禁止」となっている。いずれも暴行などの容疑で逮捕されたとは記載されていない。
下記の仙台育英の例などは報道によると盗みを目的に侵入したことを認めている。盗む前に他の容疑で送検されることよりも「万引」の方が日本学生野球協会では厳しく罰せられる。
「部内暴力」は校外でわいせつ行為を目的にケガを負わせた「強制わいせつ致傷」よりも厳しく罰せられる。
単独の犯行か集団行動の違いによるものだろうか?
痴漢などの場合、高野連は「個人の問題」として処分にあたらないとしている。しかもその個人も処分はされていない(指導者の場合は個々に処分されている)。
「万引」など部員全員でおこなえば別だが、集団としても数人ではないかと思う。であれば「万引」などせず普通に活動している部員まで処分の対象で良いのかということになる。 この単独と集団で対処が大きく異なる点が理解できない。 野球という集団競技であるから連帯責任というなら”一”も”二”も同じではないだろうか?
犯罪ですら「個人の問題」で処理できるならば、それぞれの対象者のみを処分の対象にする方が妥当ではないかと思う。
指導者もおかしな指導になってしまいそうだ・・・


【本日の報道】
甲子園出場 広島工業高校野球部員、強制わいせつ致傷事件で逮捕
広島県警廿日市署は県立広島工業高校の野球部男子高校生が女子高生を押し倒したとして、強制わいせつ容疑で逮捕。
広島大会期間中の今月20日に別の強制わいせつ致傷事件で逮捕され、学校側に退部を伝えていた。学校側は高野連に報告済みで、逮捕された生徒は広島大会のメンバーには入っていなかった。

【6/15の報道】
強豪浦和学院の野球部員 電車内での痴漢行為で現行犯逮捕
埼玉県警は浦和学院野球部員が電車内で女子高生を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕。
逮捕容疑は6月11日、JR高崎線宮原―大宮間の上り電車内で、女子高校生の下半身を複数回触った疑い。 報告を受けた日本高野連は、「個人の問題で、チームとしては夏の出場は問題ない」とし、浦和学院は全国高校野球選手権大会埼玉大会出場。

【2011/6/25の報道】
北大津高校野球部員が道交法違反容疑で逮捕
日本高野連は部員が道路交通法違反(共同危険行為、無免許)の疑いで逮捕された滋賀県の北大津高校について、夏の全国高校野球選手権大会滋賀大会への出場は差し支えないことを決定。

【2011/6/23の報道】
仙台育英野球部員の7人が建造物侵入の疑いで書類送検
宮城県警塩釜署は宮城仙台育英野球部員7人を建造物侵入の疑いで書類送検。
送検容疑は4月7日に東日本大震災で被災した多賀城市にある無人のリサイクルショップの敷地内に侵入した疑い。7人は野球部に所属する2、3年生で、同校は当該部員を1週間の謹慎処分とし野球部も5月一杯活動を自粛していた。
結局、宮城大会には出場した。 この事例などは震災で避難しているために無人となっているところへの侵入で暴徒と大差ないと感じたが、集団でも実際の処分はくだされなかったようなので、集団=処分にならないケースもある。


おしまい…
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

桐光学園 甲子園に!

神奈川県大会の決勝はテレビ観戦。 準決勝は横浜スタジアムにシニアの審判仲間と乗り込んだものの観客の多さ、暑さに降参。
決勝戦の結果はご存知の通り桐光学園の優勝!

以前から松井投手は凄いと聞いていましたが、想像以上でした。
球場で観戦した準決勝でもすでに体力は落ちていた様子ですが、決勝も一人で投げ抜く気力もすばらしかったですね。
ピッチングは準々決勝の横浜戦が一番良かったように見えますが、よく最後まで投げたものです。

今大会見た中では、やはり横浜高校の攻撃力が一番だったように感じます。 ベンチ入りメンバーまですべて力の差がほとんどないハイレベルな選手層は群を抜いていましたが、野球はやはり投手に依存する部分が大きいです。

決勝戦は息子がお世話になった横浜東金沢シニアOBが三人いる桐光学園に甲子園に行ってもらいたい気持ちで観戦していましたが、まさか思いの通り優勝するとは・・・
決勝のいつケガをしたかわからないが左眉を負傷した主将 田中頼人(3年)、強肩・強打の外野手 水海将太(2年)、1年生ながらベンチ入りを果たした 林太一(1年)。 胸に下げられた金メダルが輝いていました。

息子と林太一は小4から逗子リトル横浜東金沢シニアでチームメイト。 野球部の練習から戻ってくると「スッゲェー、スッゲェー」と言うばかり、お前ももっと頑張れよ!って感じですが、とにかく嬉しい!!
甲子園が終わってひと息ついたら金メダルを見せてもらいましょう。


息子が高校生になったこともあり、今年はたくさんの試合を観戦しました。 一回戦から全試合で各校が何らかの応援団を組んで選手を応援する神奈川の高校野球熱の高さにただ驚くばかりです。
前にも書いたかもしれませんが、兵庫県の私の学校では組織だった応援は一切無く親しい友人が付き合いで応援に来る程度。 ブラスバンドなんて来てくれませんでした。時代ですかね・・・
それでも神奈川では勝利校は応援団の生演奏で校歌斉唱、ブラスバンドが来てくれなかったらアカペラですかね?? そこのところが気になります。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

高校野球神奈川県大会

昨日のブログはお疲れ休み。

神奈川県大会もいよいよ最終コーナーに入ろうとしています。
神奈川190校から勝ち残ったベスト16
立花学園、平塚学園、湘南学院、慶應義塾、横浜、日大、百合丘、桐光学園、横浜隼人、綾瀬、横浜桜陽、日大藤沢、桐蔭学園、磯子工業、横浜商大、津久井浜

さらに昨日勝ち進んだベスト8
平塚学園、慶應義塾、横浜、桐光学園、横浜隼人、日大藤沢、桐蔭学園、横浜商大

いずれも強豪私学が残っています。
とうきん(横浜東金沢シニア)OBも
慶應義塾-沓掛、横浜-川口、桐光学園-田中、水海、林
それぞれ勝ち残っていますので、個人的にはこの中の一校が優勝してくれると嬉しいのですが、決勝に残れるのはこの中の一校のみです。

昨日の試合で横浜 川口の勇姿を見ることが出来なかったのは残念。 前試合ではちょっと『らしさ』が見られなかったのが心配。 一本ヒットが出れば気分も楽になると思うので、なんとかポテンでも良いので出てほしい。

ヒーローインタビュー2回で注目の磯子工業 小金丸投手は昨日はお疲れ休み。 学校も敗れましたが来年以降も楽しみ。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

高校野球神奈川県大会

高校野球 神奈川県大会もあれよあれよという間に 190校→16校 になってしまいました。
予定通りの日程ですが驚いてしまいます。

本日は自宅でTV観戦。 少し楽をしてしまいました。 気持ち的には千葉に習志野高校の試合を見に行きたかったのですが、習志野高校観戦は来年以降に持ち越しです。 『爆音ブラスバンド』を生で聴いてみたい。

本日の試合では磯子工業の小金丸投手(一年 横浜東金沢シニア)がシード校戸塚に点を取られながらも逃げ切り、見事にベスト16進出です。 明日はもっとたくさんの応援にかけつけてあげて下さい。


明日7/23は

横浜スタジアム:桐蔭学園 - 磯子工業、横浜商大 - 津久井浜

保土ヶ谷球場:横浜 - 日大、百合丘 - 桐光学園

平塚球場:立花学園 - 平塚学園、湘南学院 - 慶應義塾

相模原球場:横浜隼人 - 綾瀬、横浜桜陽 - 日大藤沢

なかなかの好カードが組まれています。

横浜 - 日大:横浜がエース柳で日大を倒しに来るか、まだ温存するのか? 日大は邑楽がどこまで通用するか、まだ本調子の活躍を見せていない林が爆発できるか? 日大は昨日のようなミスをしていると勝機はない。

百合丘 - 桐光学園:左腕好投手対決! 春に故障した百合丘の佐々木か、桐光学園の二年生左腕松井か… 百合丘打線も今大会は好調。

立花学園 - 平塚学園:西湘新旧対決。 近年メキメキ力を付け昨日も東海大相模を倒した新の立花学園か1998年に甲子園出場した旧の平塚学園か??

湘南学院 - 慶應義塾:投手のでき次第。 打線はつないでつないで得点する湘南学院。 どこからでもロングが打てる慶應義塾打線。


で、私は保土ヶ谷球場で息子の学校を応援してきます!!
成り行きで一年生専属カメラマン役になってしまったので今大会中は応援席をウロチョロする予定です。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

鎌倉学園高校シートノック

高校野球シートノック特集

今回は神奈川県の鎌倉学園高校(かまがく)です。
古都鎌倉の座禅で有名なお寺「建長寺」が母体の男子校で、学校は「建長寺」に隣接しています。
建長寺が1253年、かまがくの前身となる宗学林が1886年(明治19年)設立の学校です。
これだけ歴史が長いと有名卒業生もたくさんいます。
西武ライオンズの長田投手、元ホークスの若田部、西鉄や阪神に在籍していた竹之内などなど
その他にも堺正章、サザンの桑田佳祐も卒業生です。

神奈川県の古豪のひとつ。 胸のKマークが印象的な伝統のユニホームです。
2012年の神奈川県大会ではシード校として二回戦からの登場でしたが、まさかの初戦敗退となってしまいました。


鎌倉学園高校 2012 神奈川大会二回戦のシートノックです。




【感想】★★☆☆☆
良くも悪くもない平均的な印象です。 ベース回しのキャッチボールは少なめで、ノックの内容も標準的です。 野手もゴロのバウンドをあわせるところまで気を使っていない印象なのでリズムに乱れが生じる場面があります。


つづく…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

鎌倉学園応援部

昨日の神奈川県大会の鎌倉学園戦の観戦に保土ヶ谷球場に行ってきましたが、鎌倉学園の応援部(すみません正式名称わかりません)に懐かしい顔がありました。

逗子リトルリーグで息子たちのチームメートで、その後鎌倉学園中に進学し軟式野球部に所属。
高校に進学後はゴルフ部に入るという息子情報があったのですが、昨日保土ヶ谷球場にいました。
このクソ暑い中、学生服を着て応援する応援部ですが、この日の彼を見ると小学生のころのヤワな感じではなく凛々しく見えました。 私は応援席にはいなかったので試合中の様子はわかりませんが、きっと厚さに耐えながら勝利を期待して最後まで応援したことでしょう。

来年も球場で会えることを楽しみにしたいと思います。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

鎌倉学園初戦敗退

本日の保土ヶ谷球場第一試合はシードの鎌倉学園が敗退しました。

ネット裏から見ていると、エース今治の調子が良くないように見えました。 制球も得意のスライダーも春と比べてイマイチ。

攻撃陣は球審との相性が良くなかったのかな? 右打者が低めを見逃すシーンが多かったようですが、球審は球速のないボールを拾いすぎていたように見えました。

[追記]家に帰ってビデオで確認すると右打者の外のボールも拾っていました。 あまり見慣れない左のサイドで難しかったのでしょうか。
保土ヶ谷球場の球審にしてはセットの時の足の順番も違うし、左打者の時に足位置を間違えたりしていました。 球審がセットするタイミングも全体的に遅いのでボールを動きながら見ていたのではないでしょうか。

8回裏津久井浜のスクイズは打者がボックスから出て打った反則打球ではないでしょうか? 家に帰ってビデオで確認してみます。

[追記]ビデオを見終えましたが、完全に反則打球ですね。 打者のファーストアクションで半足分外にはみ出し投球を捉えるときはホームベースの中心より外側まで飛び出していました。 投球は低めなので投球と足を同時に見ることは難しくない状況です。 ルールを理解しアピールした鎌倉学園の芦川捕手も目の前の出来事ではっきり確認していたのでしょう。 球審の技量が足りなかったということですね。
敗れた学校にしてみれば審判の技量不足では済まない問題でしょう。

それから鎌倉学園9回表の攻撃。 ランナ-一、二塁で左翼前ヒットの場面にオブストラクションがありました。 こちらは中継でも写っていませんでしたが、処理機会を終え中継ラインに入ろうとする三塁手と二塁から三塁に進もうとするランナーが交錯しそうになり、ランナーが避けて走った場面がありました。
走者二塁で打球が外野に抜けた場合は生還できる可能性は十分にありますので、三塁塁審はボールを見ているのではなく走者と守備の接触プレーも予測して視野に入れなければなりません。 単純に三塁審判の見落としでしょう。

一点、一本のヒットで流れが簡単に変わる高校野球ですから今回のこういったジャッジは重要です。 同じ審判として勉強になりました。 それと同時にテレビ中継は怖いですね。
私自身、知っている選手が鎌倉学園にいるので応援していたのでコメントはややそちらよりになっていると思います。

鎌倉学園の完勝を予測していましたが残念です。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

横浜創学館敗退!!

2012年神奈川大会二回戦 横浜創学館vs横浜桜陽(2012年7月15日)

横浜創学館 2-1 横浜桜陽
でむかえた9回裏

先頭打者を四球で出し、無死一塁。
> エース小原はこの日途中から登板しストライクゾーンに入ったボールは横浜桜陽打線を押さえ込んでいましたが、コントロールがやや悪い印象でした。

8番打者の送りバントが少飛球に、、、これをサードがダイビングキャッチを試みるも捕球できず、無死一、二塁。
> 横浜創学館としてはリードしている場面ですから冒険せず、一死二塁とする方法もあったと思います。 しかし思い切ったプレーですから仕方ありません。

9番打者が捕手前に送りバント。 一死二、三塁。
守備のフォーメーションの確認ができていなかったのでしょうか? 送りバントに対してサードは前進するでもなく、サードベースに入るわけでもなくフォーメーションに入っていません。 八巻捕手のスローイングが良いのでサードでアウトを狙えたかもしれません。もったいないプレーでした。

1番打者がスクイズを成功させ 2-2の同点。 二死三塁。
難しいボールを上手くスクイズを決めました。

2番打者の打球が三遊間に転がり、サードがダイビングキャッチ。 一塁へ送球するもわずかにランナーが早く内野安打三塁ランナー生還でサヨナラ!
小原投手としては完全に打ちとった打球。 ゆるい打球だったのでサードが飛び込んで捕球しても間に合いません。 サードは普通に捕球できないことを早く判断し、ショートに任せるべき打球でした。


横浜創学館vs横浜桜陽 二回戦 9回裏サヨナラの場面



横浜創学館ナインがグラウンドで呆然と立ちつくす姿が印象的です。
横浜創学館まさかの初戦敗退です。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

日本大学高校シートノック

高校野球シートノック特集

今回は神奈川県の日本大学高校です。

日本大学高校 2012 神奈川大会二回戦のシートノックです。



コメントは後で書き加えます。


つづく…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

日大藤沢-武相 一回戦にはもったいない試合

高校野球神奈川県大会一回戦 日大藤沢武相 戦ですが、ネットではすごい書き込みになっていますね。
私も tvk の中継を録画していましたが、まだ全部は見ていません。
9回裏の問題のシーンは何度か再生してみましたが、肝心のシーンでカメラがスタンドとベンチの方を向いてグラウンド内が映っていませんでした。

ざんねん!!

映っていた範囲ですと
1. 球審がインフィールドフライのコール
2. サードが捕球
3. 三塁ランナーが帰塁
4. 内野手がマウンド付近に向かって集まりかける
ここまでで球審と三塁塁審が映っていますがタイムのジェスチャーはありませんでした。 カメラに映っている範囲では守備陣もタイムを要求していません。
で、投手がアップになったと思ったら次のアングルでは三塁走者がホームイン。
???

YouTubeで早くもアップされていました。
日大藤沢-武相


何台のカメラを用意しているのかわかりませんが、tvk のお粗末なカメラ切り替えでReplayでも大事な場面は流れませんでした。
いずれにせよ、問題のシーンでは審判がタイムのコールをしていなければホームインは認められますね。
武相の選手がランナーから目を離したことが悔やまれます。

問題のシーンの前に投球が打者に当たったものの球審が死球と認めなかったボールがありましたが、あれだけ打者に近いボールだと死球の判定でも良かったのではないかなぁと思いました。
球審もまさかそのあとに今回のような結末が待っているとは思わないでしょうが・・・

ネットで中盤の誤審というコメントも見つけましたので、そちらは後日確認してみます。


tvkのカメラはもう少しレベルアップしてもらいたいですね。 開会式でも行進する選手を追いすぎて次の学校が少ししか映らなかったりしているのでいっそのこと固定の方がマシと感じています。
難しいとは思いますが、レベルアップは必要ですからね。


おしまい…

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。