FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日大高校新入部員

早いもので、息子が高校に入学して一年が経とうとしている。

先日、野球部入部希望者が揃ってグラウンドに顔を出したようだ。

新入部員の構成は
日大中 2名・・・2人ともKボール全国大会3位のメンバー。 1人は投手で ベイスターズJr 出身。 もう一人は左投げ右打ちの変わった好打者。
中本牧シニア 1名・・・投手、ベイスターズJr 出身
横浜東金沢、横浜青葉、世田谷西、海老名、相模原南、旭など各シニア、泉中央ボーイズなどなど 10名
中学軟式 2名・・・1名は神奈川県三位の投手。 1名は強肩の捕手。
以上15名らしい。
(ええ加減な息子の言う事だから、確度50%といったところだろうか? 内容確認出来次第訂正します。)

意外なことですが、日大高には毎年 ベイスターズJr 出身選手が入っています。 毎年17,8名の ベイスターズJr のなかで今年2名が入ってくるというのはなかなか珍しいことと思います。

それと日大高昨年から部員数がイッキに減らしています。 これまでは各学年25名ぐらいはいましたが、去年息子が入部した時の説明では
「少数精鋭でやります」
という説明がありました。 4月に14名いた一年生は一年間で2名退部して12名。
今年の部員数も昨年並みなのでたまたま入部する新入生が少なかったわけではなく、その方針が続いているようです。

平日はラグビー部など他部活と共有している第2グラウンドなので、適当な部員数かもしれません。
最近は智弁和歌山のように11名限定やそれに近い少人数に絞っている学校もチラホラ聞きます。
単位部員あたりの練習量で考えるとこの方法もひとつアリかと思います。


おしまい・・・
関連記事

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 悩んでおります…

遅くなり申し訳ございません。
日大中の受験は学校HPに記載のとおりで昨年度は3回行われました。 内容は一般的な中学入試です。
日大高は推薦と一般の二通り4種類のようです。
偏差値から見ると日大中は高校で受験するよりかなり入りやすい学校です。

硬式野球部のスポーツ推薦枠は5名程度のようで日大高はサッカー部など他運動部も枠があります。

野球部にはスポーツ推薦のほか推薦入試、一般入試の受験者と日大中から入部しています。
入学を希望している選手で学校の成績が良い選手は推薦入試で入学するケースもあります。
野球部から声がかかって受験する生徒以外にも日大高で野球がやりたいということで入学する生徒もいます。

部員数は現高2生から一学年12、13名です。

中学の野球部はやさしいクラブですが、硬式野球部はそれなりに練習もハードになるので中途半端な気持ちの日大中野球部の選手は体験入部期間に辞めてしまいます。

硬式野球部の練習は学校から少し離れた第2グラウンド(日吉自動車学校となり)で行っています。
見学は自由にできますので日曜日の練習試合など見学されると良いとおもいます。
(駐車場は併設されていないので近くのコインパーキングか公共交通機関利用)

上手い回答になっていませんが、質問あればお尋ねください。わかる範囲で回答します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。