FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀枠を考える

21世紀枠について、どのような制度か調べてみました。

21世紀枠の基準と選考は次の通りです。

・ 部員不足などの困難を克服した学校や、他校の模範となる学校を選出。
・ 各都道府県の推薦は基本的に秋季大会の参加校数が128校を上回る都道府県ではベスト32、それ以外の県ではベスト16以上。
・ 9つのブロックから1校を選出し、その中で2校(東日本〜東海以東・西日本〜近畿以西各1校)を選出。

【傾向】
地方の道県から選出される傾向が強く、参加校の少ない地方道県の甲子園出場校割合が高まる傾向になり、大都市圏との差が大きくなっています。

公立校が100%選ばれていた状況でしたが、昨年土佐(高知)が私学で初めて選考されました。 しかし、土佐は夏4回、春6回出場も出場しており、非常に恵まれた学校と言え21世紀枠で選ぶ必要もない学校と思います。
実際には公立高校の無償化により、有望な選手は一部の強豪校を除いて公立校に進学する傾向が強まり、普通の私学は有望な選手が集まりにくくなっているので、「公立校=恵まれない環境」は過去の話です。公立生の家庭においては学費が不要になった分、遠征費や道具にも十分お金をかけることが可能になり私学生より恵まれた環境です。 地方公立校の他府県宿泊遠征も最近は珍しくありません。

制度開始から13年経ち、参加校が少ない道県では候補に挙げる学校がなくなっているのが本当のところでしょう。
2012年までは参加校数が128校以下の都道府県の選考基準は秋季大会ベスト8以上でしたが、2013年大会より上記に引き下げられました。基準を満たす学校から選考するのが困難になっていることを表しています。

2012年以降は震災枠で東北から選出が続いています。
2012年以降の震災枠も今年はなくなるのではないかと、個人的には思っています。

複数回選出された都道府県は、北海道宮城、福島、新潟、島根、徳島 です(太字は3校)。
ちなみに島根県の2013年夏季大会出場校数は39校で、神奈川(190校)のわずか1/5しか学校がありません。

そろそろこれまでの判断とは異なるところで選考を考えても良いと思います。
神奈川のような甲子園に出場できる可能性が極めて低い都道府県も、違った意味で「困難な状況」として判断されることも大都市圏の学校へ通う選手の夢につながると思います。


おしまい…
関連記事

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。