スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本大学高校 甲子園に望みつなぐ!!

北海道を除く46都府県が最後の神奈川県の日本大学高校 発表で決まりました。

日本大学高校は神奈川県の推薦としては10校目の私学(公立は4校)。
推薦理由は今のところ情報なし!
「文武両道」か?

すでにリストはアップしていますが、「高校野球ランキング」51位は中国・四国地区の一般推薦で選考されるであろう池田高校(徳島)の44位に次ぐ2番目!!
日本大学高校に続く3番目は61位の山本学園高校(山形)

偏差値は
70が青森高校(青森)、富士高校(静岡)
69が小山台高校(東京)、伊勢高校(三重)
そして68で日本大学高校

高野連はこんな資料は見ないでしょうが、日本大学高校を応援するものとして何か有利な条件はないものかと探した結果です。
ということですから、二学期期末試験中の選手は頑張って勉強しなさい!!

昨年土佐高校(高知)が私学として初めて選考されていますから、私学も可能性はあります。

日本大学高校のセールスポイントは

1. 特進クラス(特進クラスは現高2から)が出来る前の今年の入試で東大、東北大、東京工大などに現役合格!
秋季神奈川県大会 準優勝! なので文武両道

2. 特待生制度がなく、部員も27名と比較的少なく、マネージャーもいない中、部員全員で手分けして雑用までこなしている。 もちろん学費、部費、遠征費も各家庭の負担。 年二、三回ある学校での合宿もすべて実費。
(公立校は学費がいらないので隠れた特待生制度かも?)

3. 一見立派に見えるグラウンドも神奈川では強豪のラグビー部、アメフト部と共用なため全く優先権はなく、体格では勝負にならない彼らの練習が終わる夜まではネット打ちなど狭い場所で工夫しながら練習。

4. 神奈川県のような強豪ひしめく地域で準優勝までの道のりがいかに厳しいかは、大都市圏の学校ならわかるはず。 いかに困難なことか…

とにかく、これでセンバツに望みはつなぎました。
次は12月13日の9地区候補に残れるか! ということになります。


おしまい…
関連記事

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

5

日本大学高校の一番のセールスポイントは、「日本大学」というブランドである。

日本大学は、日本で一番卒業生を輩出している大学である。
その卒業生100万人以上やその関係者が、おそらく注目し応援してくれる。
可愛い後輩たちの頑張る姿を応援したと思うのが、必然である。

そして、当然、その姿を見るために視聴率、客足も期待できる。

後輩の活躍する姿を見て、先輩たちもより一層活躍して、21世紀の日本の発展に貢献できる。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。