FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年半の練習を左右するジャッジ

今日は本当なら会社を休んで平塚球場に向かっていたはずですが、通勤列車に乗っています。


土曜日に行われた神奈川県大会三回戦。
息子たちの日大ーY校(横浜商)の応援に保土ヶ谷球場に行って来ました。

結果は2-0で敗退

接戦になることは予想していたのですが、
秋季大会 準優勝
春季大会 ベスト8
と結果が出ていたので先制点は取られたものの期待していました。
「勝ってくれるだろう」
と…

しかし8回に記録はエラーではありませんでしたが、いつも好守で救ってくれる選手がいつもなら捕っていただろうという打球を二つ処理しそこない、追加点を与えてしまいました。

さらに…
9回裏にノーアウト1、2塁のチャンスを迎え、打者が送りバント。
ランナーを2、3塁に進め、打者走者も1塁で微妙なタイミング。
一塁側スタンドからはセーフに見えたのですが…

昨日やっとビデオを見る気になり、真っ先にその場面を再生しましたが、何度見ても、"十分に"
「セーフ」

一塁審判が冷静さを欠いていたのか? 技量が足りないのか?
よくわかりませんが、残念なジャッジ。

一死ニ、三塁となり次打者が外角低めを空振り三振。
焦って飛び出した三塁ランナーも刺されて試合終了。

最後の場面は
「ゴロGo!」
のサインだったようです。
内野守備があまり前に来ていなかったので、焦ってスタートする必要は無いと三塁コーチの息子が何度も声をかけていたようですが…

しかし一塁がセーフだったらなぁ~
打球を処理したのがピッチャーだっただけに、雰囲気も違ったはずです。

高校野球の審判講習会では
「ひとつのジャッジで2年半、一生懸命練習してきた選手たちの結果を左右する」
と言われています。
この試合の一塁審判、試合前半では二塁進塁を試みた打者走者にぶつかる場面もありました。


高校野球の審判を目指すものとして、その重要性をまさか息子の試合で思い知らされるとは…


おしまい…
関連記事

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yonehara

Author:yonehara
神奈川県葉山町 から発信…

逗子リトルリーグ → 横浜東金沢シニア を卒団した息子は神奈川県高校野球で秋準優勝。大学でも野球を続ける模様。
その記録なども織り交ぜて、野球に関する様々な思いを書き綴るつもり…


ちなみに私の野球歴は小学一年生からソフトボール、中学は準硬式野球、高校で硬式野球、米国留学中は野球観戦にはまり、帰国後関西を離れるまでは草野球三昧。
リトルリーグの審判を4年半、シニアリーグの審判は2年。 現在は高校野球の審判に挑戦中。

カテゴリー
リンク
フリーエリア
RSSフィード
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。